Thursday, March 27, 2008

栗かのこ と Chicken Riggie

ランチはほとんど家から持参。2、3年前まではランチのたびに車で外出して外食してが面倒くさいのとガソリン代の高騰でお弁当が定着した。夕食作るときはいつもランチの分も計算にいれて作っているけど昨日は余らなかった、というか予想外に相方にみんな食べられてしまった。それでランチは非常食のキャンベルの缶入りスープの出番。それだけだと寂しいので日本から送ってもらった栗鹿の子も持って行く。日本の甘味はやさしい甘さだ。砂糖と栗のハーモニー。アメリカには無い味で癒される。

この甘さとは逆に会社の人事で問題が起こる。 今働いている中小企業で派閥はないけれど、一人派閥を作り 周りを巻き込み大騒ぎしたい愚か者がやっぱりいる。そんな人に関わりあいたくもないが、自分の部下が巻き込まれたので仕方なくミーティングの場を設け、自分の上司と自分と部下、三者で話し合い。お互い日ごろから思っていることを吐き出す。雨降って地固まるで、この事件はかえって自分の部署のお互いの信頼を高めることになった。コミュニケーションは万能薬だ。

今日の夕食はおなじみ, Romeのローカル料理、Chicken Riggie。 相方の友人が去年、チェリーペッパー(写真中央、激激辛)と ハラペーニョペッパー(写真両端、激辛)が豊作でガーリックとオリーブオイルで自分でビン詰めした芥子類をくれた。料理で使い始めるとかなりいけるので一瓶目は一ヶ月で終わってしまった。そうしたらまた相方がもらってきてくれた。
トマトソースのコクと芥子の辛さにチキンとリガトーニパスタがからんだ、ここRome一押しの料理

No comments:

Post a Comment