Thursday, May 1, 2008

古城で夕食


車でインターステート90(高速)に乗り40分くらいのところ、まさに何も無い田舎(英語で言う、Middle of Nowhere) にアイルランド式古城、ブレズリーキャッスルがある。
1840年代にアイルランドから石を運んである富豪兼エンジニアによって作られたそうだ。
中は改装されて現在はレストランになっていて雰囲気は抜群、料理も高く評価されているらしいので訪ねてみる。

日曜日なので余り客もなく、(アメリカは日曜日は家族と共に家で過ごすのが定番なので町のレストランも大きなチェーン店以外は閉まっている) ほとんど貸切状態。
料理がくるまで何回か来た事のある相方に古城のなかを案内してもらう。
うーん、古めかしいと言うか、手入れ不足で古めかしく(ボロく)なってる所もあったりして残念だ。おもしろいのは地下にあるバーで地下牢または拷問部屋みたいな設定だった。
一通り中を歩き回ってから席に戻ると夕食の準備ができている。料理は評判におとらず、オーダーしたサーモンの焼き加減がすばらしかった。シアトルへ出張へ行ったとき散々食べ歩いたサーモンにも劣ずジューシーで柔らかい。いったい何処から仕入れているのだろう。
期待した以上に満足して帰宅。

No comments:

Post a Comment