Friday, June 19, 2009

まだ見ぬ我が子へのプレゼント~未定、女の子限定

さてまた息抜きです。

日本ではひとみ叔母さんからかつてお祖母さんの物だった浴衣を譲り受けました。 色も柄も超お気に入りです。



しかし、着てみると裾が床ギリギリ届くくらいで普通に着ることはかないません。 あれれ、お祖母さんそんなに背が低かったっけ?
対丈で着ることも考えリサーチしてみましたが、やはり長時間着るとはだけてきて着崩れしやすいようです。
おはしょりって着崩れ防止にもなってたのですね。
丈の短い着物は胴継ぎという技をつかい、おはしょりや帯でかくれる所に別布を継ぎ足して丈を伸ばす方法があるという事も分かりました。
しかし胴継ぎをするには当然の如く着物を切らねばなりません。 着たい! でもおばあさんの着物を切るのは~。
悩んでいると夫が一言 『ユミが着ればいいよ』
へっ ユミってだあれ?と一瞬思いそうになりましたがそれはまだ生まれてもいない我が子の事。
以前夫ともし女の子が生まれたらお互いの名前、YukiとJamieの前と後ろを合わせて Yumiにしようと言った事があったのです。 男の子だったらJamki (ジェムキ、、、かわいそ過ぎる、、)。
しかしね~妊娠してもいないし、もう高齢出産になるし。

あと数年まってユミが生まれるようだったら切るのはやめ、もしそうでなかったらその時は胴継ぎしようと思ったのでした。

No comments:

Post a Comment