Thursday, August 13, 2009

空手道場6週目

今回は初心者クラスが私一人だったので中級クラスと一緒に練習しました。
中級クラスは3人で、一応中級クラスに合わせた内容でしたが ブラックベルトの先生と3人の生徒さんも初心者の私に気を使ってくれ難しい技に入る時は練習を中断して動きをきめ細かく教えてくれました。

練習のメインはキックと相手に体の一部を捕まれた時の防御と反撃の方法。 これは結構使えそうです。
まず、声の出し方。 『アイサ-!』(つい、エイさ~と反応しそうです ^^;)、『シー!』など皆色々です。
先生は気合の入れ方は人それぞれなので好きな気合でお腹の底から出す大声であれば何でも良いと言われました。 (そこは自由なアメリカっぽいやり方です ^^) 

先生はまず予期せぬ大声で相手を威嚇できる事を説明してくれました。 そう言えば、特殊部隊にいた事もある夫はもし反撃しなければならない時、武器がなければ声を武器に相手の意表をつく方法もあると言っていたのを思い出しました。
そして大声の気合と共に反撃のキック(相手が男性の場合は確実に急所を狙う事!)と掴まれている腕をひねって相手を振り解き同時にパンチを出す。

もしも日本の電車で痴漢にでも合ったら技を使わず気合だけでも痴漢撃退できそうです。

No comments:

Post a Comment