Tuesday, August 18, 2009

フライトがキャンセル~その3

日本航空から、明日のフライトの予約をシラキュースから全て取り直し出来たので大丈夫と連絡がありました。

ふ~ よかった。 こんな事もあるんだな。

フライトがキャンセル~その2

深夜、航空会社からの電話で早朝のシラキュース-シカゴ間のフライトが機材の不調でキャンセルになり、チケットはシラキュースから日本まで通しで購入していたので 当然その航空会社で振り替えフライトの手配をしてもらった訳ですが、、、ここはアメリカ。

念の為、シカゴから乗り継ぐ日本航空へ電話をして昨夜の経緯を説明し本当に明日のシカゴ-成田間のフライトに私の名前で予約されているかを確認をした所、なんと振り替えられていませんでした。
 
日本航空側の記録には本日のフライトで私は飛ぶ事になっていたらしく 電話に出た係りの人と共にお互い驚いてしまいました。  日本航空はA航空に確認して、それから実際の振り替え手続きをするので少し時間はかかるが今のところ空席はあるので多分、大丈夫だとの事です。 

電話に出た係りの人も 『そりゃ ひどい!』 とビックリ、私もビックリです。 やはり航空会社が違うので何処かでシステムがうまく行かなかったのでしょうね。 今、本当の振り替え手配中です。  また結果が出たらアップデートします。

そのまま何も気が付かず、早朝に空港へ行ったらチェックインカウンターで揉めて時間を取られただろうなぁと思います。 とにかく問題は早期発見出来てよかった。

フライトがキャンセル

夜中の2時近くに電話が鳴りました。 え~、こんな夜中にいやだなぁ、誰だろうと思って電話に出ると、シカゴでJALに乗り継ぎしますが、早朝シカゴまで乗り継ぎするアメリカン航空のフライトが機材の不調でキャンセルされたとの航空会社からの連絡でした。

同じ日のJALで帰国するにはどうしてもスケジュールが合わず、仕方なくそのまま明日の同じ便に振り替えとなりました。 アメリカン航空は同日発のアメリカン航空の成田行きに振り替える事は可能というオプションを出してきましたが、せっかくアメリカの航空会社より少し高いお金を払い日系航空会社を予約したのに他の会社に振り替えられるのは割りが合わないと思い やはり一日延ばす事に。

ふふふ、でももう一日余分に夫と一緒だ (*^^*)

Monday, August 17, 2009

湖畔でデート

日本行きのフライトは明日。 昨日は近くにある湖畔のリゾートで一泊してディナーとワインのデートへ夫が誘ってくれました。 夕食前に二人で岸辺のチェアへ腰掛け湖を見ながらワインを飲みぼ~っとしました。

ディナーにはブルーの絽の着物でレストランへ。 着物のおかげかな? 湖の見渡せる一番景色の良い席へ案内してくれました。 

明日からしばらく夫と会えないのが寂しいですが、それもまた人生のスパイスなのです。

Saturday, August 15, 2009

二枚目の単衣



時々気が向いた時にダラダラ縫っていた二枚目の自作単衣がとうとう仕上がりました。 反物は一枚目と同じお店から購入した遠州綿紬でオフホワイトと黒の絣柄。 手ごろな値段でしかも、見た目分からないくらい細かいシボ(凹凸)のある生地なので夏に涼しく丁度良さそうです。 浴衣としても着物としても使える優れもの。

仕上がったと同時にワクワクと急いでさっさと着てみたので外出用に着れていませんが、取り立てて目立ったミスも無く自分用には合格! (^_^) 
仕付け糸もなにもかもまだ付いたままですが、、(^^;)

ところで二枚目のこの着物は広衿で仕立ててみました。 初めて縫った単衣はテキスト通りにバチ衿。
テキストには広衿の仕立て方が詳しく出ていなかったので手持ちの絽の着物を広げ見よう見真似で縫ってしまいましたがまあまあです。
ところで、慣れたせいかこの単の製作時間は一枚目と比べ短いです。 全工程26時間くらいで仕上がりました。

この間帰国した時に私が着物を縫って着ると知った従姉妹のゆみちゃんが絹の素敵な反物+裏地を贈ってくれました。 でも袷を縫う実力はまだありません。 
あと2、3枚単衣を縫って修行してから挑戦しようと思ってます。 

Thursday, August 13, 2009

空手道場6週目

今回は初心者クラスが私一人だったので中級クラスと一緒に練習しました。
中級クラスは3人で、一応中級クラスに合わせた内容でしたが ブラックベルトの先生と3人の生徒さんも初心者の私に気を使ってくれ難しい技に入る時は練習を中断して動きをきめ細かく教えてくれました。

練習のメインはキックと相手に体の一部を捕まれた時の防御と反撃の方法。 これは結構使えそうです。
まず、声の出し方。 『アイサ-!』(つい、エイさ~と反応しそうです ^^;)、『シー!』など皆色々です。
先生は気合の入れ方は人それぞれなので好きな気合でお腹の底から出す大声であれば何でも良いと言われました。 (そこは自由なアメリカっぽいやり方です ^^) 

先生はまず予期せぬ大声で相手を威嚇できる事を説明してくれました。 そう言えば、特殊部隊にいた事もある夫はもし反撃しなければならない時、武器がなければ声を武器に相手の意表をつく方法もあると言っていたのを思い出しました。
そして大声の気合と共に反撃のキック(相手が男性の場合は確実に急所を狙う事!)と掴まれている腕をひねって相手を振り解き同時にパンチを出す。

もしも日本の電車で痴漢にでも合ったら技を使わず気合だけでも痴漢撃退できそうです。

Wednesday, August 12, 2009

自分の陰を切りとろうとする猫

数ヶ月前に母、ひろこ作の切り絵のカードが届きました。 猫が自分の影を切り取ろうとしています。
夫と私、お互いが自分の影だと思いなさいという教訓付き。(は~い)

かわいく面白い図柄なので額に入れてみました。 さあ、どこに飾ろうか。 
あれっよく見るとカメラが猫影に写っちゃった。
 

Tuesday, August 11, 2009

長いレイオーバーの過ごし方~その2


エミュールさんから貰った桃と自家栽培ズッキーニ。 この辺のスーパーで買う桃はもそもそとしたスポンジ状で全然おいしくありません。 
桃好きなエミュールさんは我慢出来ずにいつもお隣の州、ペンシルバニア州の農家から取り寄せているそうです。 写真の倍くらいは頂いたのですがジューシーで甘く日本の桃のような美味しさで半分くらいは既に私の胃の中。(^^;)

この巨大ズッキーニは後でズッキーニブレッドでも作るとしましょう。

さて、夫にシカゴの空港での時間の潰し方を得意気に話すと 
1.プールサイドなんかで寝ているとうっかり寝過ごし乗り遅れそう。
2.アドミラルズクラブ(アメリカン航空の有料ラウンジ、ちなみにJALのさくらラウンジは有料で入る事の出来る制度ナシ)へお金を払って入るなんてもったいない、USOへ行け!

と言われてしまいました。 USOって何だ? 
私も初めて知りましたが全米の主要空港にはUSO(United Service Organization)と呼ばれる軍の専用ラウンジが有り、私のミリタリー配偶者IDで入る事が出来るそうです。 航空会社のラウンジのようにシャワー、軽食、ネット、ゆったりしたソファーや仮眠室などの設備が整っているとの事。 
さすが倹約家の夫。 いろいろな節約術には詳しいのぅ~。

Monday, August 10, 2009

長すぎるレイオーバーの過ごし方

用事が出来、来週から日本へ長期で帰国する事になりました。
アメリカからの帰国便で長時間のフライトは設備や待遇の良い日系航空会社のフライトが好きです。

ここ、Romeからだとシカゴ乗り換えになり行きは3時間の乗り換え時間でまあまあ。 最初のフライトが遅れる場合もあるので国際線乗り継ぎで3時間は妥当なレイオーバー。
帰りの便は、なんと6時間もシカゴでレイオーバーがある。 入国審査にいくら時間がかかるとは言え経験上、シカゴではいつも並んでから大体15~20分くらいで入国審査をパス出来るので6時間も何しよう、と思い調べてみると

1.オヘア空港から直結しているヒルトンホテルのジムを有料で利用する。シャワー、サウナ、プールがあるのでプールサイドで時間まで寝転んでリラックスするのも良い。

2.乗り継ぎする航空会社のラウンジのデイパスを購入してラウンジで過ごす。こちらもシャワー、軽食、インターネット完備で良さそう。

どちらのプランも手ごろな料金だ。 特に今まで、航空会社のラウンジのデイパスを購入出来る制度がある事は知らなかった。

これでシカゴでの暇対策は万全です。

Sunday, August 9, 2009

ワイナリー

フィンガーレイク地域とは家から車で二時間半の所にある 写真(Google サテライトマップ)のように細長い湖が指のように見えるのでフィンガーレイクと呼ばれ大小数百軒のワイナリーがひしめいているニューヨーク州のワイン処です。 

左下、Yの字もしくはへなちょこなサボテンのように見えるレイクはKeuka Lakeでフィンガーレイク地域では一番古くワイナリーを始めた地区でもあります。 今回はこのKeuka Lake一本に絞りワインの試飲へ行ってきました。  

昼過ぎに一番最初のワイナリ-へ到着。


天気も景色も素晴らしくKeuka Lake周辺の9軒あるワイナリーの内5軒訪ねる事が出来ました。
白ワインで有名なフィンガーレイク地域なので正直、赤ワインはあまり期待していませんでした。 しかし、一番古いワイン地区だけあって試飲した赤ワインの幾つかは若いワイン特有のトゲトゲしさが無くとてもなめらかで香りの深い赤ワインに仕上がっていたので 赤ワインも3本程買い込みました。 
フィンガーレイク定番のリースリングの白ワインも入れ合計7本の買い物に。

ワイナリーの後、今夜は夫の同僚さんのエミュール夫妻に夕食に招かれているので急いで彼らの住むカサノビアという、これまた湖にかこまれた風光明媚な観光地へ車を飛ばし7時過ぎに到着。 
カサノビア、今回初めて訪ねましたが、湖畔に面した落ち着いたレストランやそぞろ歩きを楽しむ人も多くゆったりと時が流れる大人の町、という印象を受けました。

最近は誰かしら週末に夕食に招いてくれるのでうれしいのですが私達もそろそろ呼んでくれた皆さんをお招きしなきゃな~と思っています。

エミュールさんと奥さんのキテイさんの二人の小学生の子供はお行儀もよくかわいいさかり。
また、広い敷地に犬をはじめペットとしてヤギを2頭、パンダウサギのような大型のウサギが6羽、鶏も数羽飼っていて、動物小屋を見せてもらうと鶏がヤギの背中にちょこんと乗ってヤギも気にせずあちこち移動しているのが見え笑ってしまいました。

フィンガーレイクで買い込んだワインとエミュールさん、キテイさんが準備してくれた夕食で和やかで楽しく幸せなイブニングとなりました。

Saturday, August 8, 2009

Romeの月


キッチンから満月に近い月が見えました。 日本からも半日前に同じ月が見えたのでしょうね。

Wednesday, August 5, 2009

疑惑

最近うさぎが減ったような気がします。 いつもは5匹くらい見るのにここ数日は一度に一匹くらいしか見られません。

さては-! 夫に聞くと『朝捕まえて袋に入れ勤務先へ持って行って昼にグリルして食べた』

まさか~。 確かにオペレーションフロアと同じビルには立派なキッチンがあってリアリティはあるけれどね。 

Tuesday, August 4, 2009

アップルパイとNZワイン


青りんごのグラニースミスを安く売っていたのでアップルパイを久しぶりに作りました。使ったりんごは8個。 ラム酒、砂糖、スパイスとバターで少しの間煮詰めます。パイ生地もシンプルに小麦粉にバターと水のみ。
こちらのケーキ類はじゃりっと砂糖を食べているような錯覚に落ちる程激甘なので家で作るデザートはレシピの半分の砂糖で作っています。 日本人の私には丁度良く甘酸っぱい淡い甘さですが夫には?

隣のワインボトルは弟夫婦お勧めのニュージーランド産ワイン。(昨夜飲んでしまったので空ボトルです ^^;) ニュージーランド産ワインはこの辺りではあまり出回っていないので基地内にある免税店で見つけた時には迷わずに買ってしまいました。
今回はマルボロという地域のソーヴィニヨンブラン。 フルーツの香り一杯のドライで、甘辛くさっと炒めた牛肉、きゅうりの千切り、錦糸玉子で作ったちらし寿司で頂きましたがワインとの相性もばっちりでした。 牛肉にも負けない白ワインでしたよ。

Monday, August 3, 2009

Air Force Wives

Army Wives というゴールデンタイムに放送しているTVドラマがある。 以前時々見ていて今日久しぶりにまるまる一話一時間見てしまった。 ドラマ中の基地には住宅も基地内にありそこで暮らす陸軍の各家族達の話。 

陸軍と空軍、少し違ってもやっぱり親近感はある。 特にアフガニスタンへ夫を送り出すシーンは身につまされるものがあった。 夫の部署はアメリカ本土上空防衛がメインだけれど自ら任務を買ってイラク・アフガニスタンへ行く人もいる。 現に家族付き合いのある知人も数ヶ月アフガニスタンへ行った。 もしも夫が自分の意思でアフガニスタンへ行くと言えば快く送り出す事ができるだろうか? 
人間いつかは死ぬものだから限りある人と人とのふれあいを大切にしたい。