Sunday, September 26, 2010

アメリカにもいる、、残念な飼い主

よくお世話になっているgermanshepherds.comのトレーニングの掲示板

1歳になるメスのジャーマンシェパードと散歩中、他所の庭から2頭のグレートデンが自分達目掛けて猛ラッシュしてきた。 その時、自分のシェパードはグレートデンの前でお腹を見せサブミッシブな体制をとった後に逃げるそぶりをした。 すぐその家の飼い主が呼び戻しをかけて事無きを得たがどうして自分の犬は飼い主を守るそぶりも見せなかったのか!? 自分の犬に失望した。

おいおい、どうして犬に守ってもらおうとするんだ? しかも犬はまだ成犬に成りきれてない1歳。
そんな根性で犬を飼ってはいけない。 犬を守るのはアンタの役目だろう。 

犬が、コイツ(飼い主)は俺のこと守ってくれない!自分の事は自分で守らなきゃ!と思った時点で犬のいわゆる問題行動というものが始まるんだと思う。

No comments:

Post a Comment