Wednesday, May 30, 2012

UPSのトラックに命拾い

もうすぐ日本はあじさいの季節でしょうか。

あじさいと言えばガラージの前の花壇に3年前に植えたあじさい
全然開花しないし育たない。 日陰になる時間が長くて場所が悪かったらしい。 なので植え替えた。

場所はゲートの前。 一度夫に話してみると芝刈りするのに邪魔だからそんな場所はイヤだと言う。
でも他に程よい場所も思いつかないので、鬼の居ぬ間に日中に植え替えてしまった。
ゲートの前をわっせわっせ、、と掘ってみると石が多く土壌が粘土質+砂+石であまり良くない。

でももう掘って穴をあけてしまったので仕方ない。 そのまま植え替えてしまった。
帰宅しても気が付かない夫。(しめしめ)

ゼウスは私がガーデニングしている間、50メートルのロングリードを地中に埋め込む方式で固定させるもので繋いで自由にさせていた。 

リードを地中に埋めたStakeで固定させるもの (サンプル写真)

しばらくしてUPS(宅配)のトラックが家の前を通ると、ガウガウ言ってあっと言う間に追いかけた。
マテをかける間もなく、地中から大根でも引き抜くようにあっと言う間に引き抜かれ宙に舞うStakeを見て唖然。
ゲッ、、Stakeってゼウスの力で引っ張ると全然効果無しだったのか。 ちなみに大型犬用でかなり大きく深く地中に食い込むものだったのに。

家の敷地からは出なかったものの、UPSのトラックを追いかけたゼウスは室内待機の刑。

でもUPSのトラックには救われたと思う。 もしもこれが人や他犬だったら取り返しのつかない事になっていたかもしれない。 UPSに感謝。


Monday, May 28, 2012

子うさぎ、危機一髪

今日でメモリアルデーの連休も終わった、と言っても学生にとっては毎日が連休のようなものかも。

気温が朝から30℃を超し日中はゼウスを散歩へ連れて行かれませんでした。 
夜7時過ぎでもまだ30℃近いので散歩代わりに裏庭を一緒にぶ~らぶら。

ひたすら臭い嗅ぎに忙しいゼウスでした。 まだウサギ探しているのかな?

昨夜、まだ日があるうちにトイレへとゼウスをフェンス内の裏庭へ出すと何かを見つけてひたすら猛ダッシュ。
ゼウス!! (怒) と呼んだときにはもう遅くまだ動きの遅い小さな子ウサギに追いついてしまいました。 ああ~~、、、(泣) 子ウサギをくわえてブンブン振り回すゼウスを一瞬頭の中で想像する自分。

しかし、ゼウスは子ウサギに追いつくとクンクン鼻を押しつけて匂いを嗅ぐだけ。
子ウサギをくわえようとしたり傷つけたりはしませんでした。  ほ~、、良かった。(汗)
ウサギが動くとひたすらストーカーのように付けまわして匂い嗅ぎに忙しいゼウス。 そのうち子ウサギはフェンスの外へ出て行ってしまいました。

プレイドライブが激しいのでウサギを殺してしまったらどうしよう~と日ごろから心配していましたがゼウスには殺す気は無いらしい。 それともこれは運の良かっただけ?かもしれません。

今日はロックガーデンの周りの草取りを一時間半ほどしたらすっきりしました。

わざわざ草取りしなくても除草剤を撒けば良いのに、、、と言う夫。 う~ん、、除草剤は周りが枯れて茶色になるし何となく薬品撒くのはイヤなんだよね。

明日はいよいよメインの花壇の雑草取りにとりかかろう。 でもあそこは雑草が茂ってしまってどうも気が重いです。

Sunday, May 27, 2012

メモリアルデー

メモリアルデーの長いウィークエンドは各部屋の掃除とデコレーションをいじっている最中です。
ハンギングバスケットの花を玄関に飾りました。
う~ん、しかし玄関がさびしっ。

来客の時でもガラージのドアから普段出入りして表玄関はあまり使っていないのでどうしても荒れてしまう。
なんとかしなくては、、。

裏庭のデッキも少しデコレーションしましたが、ドアップでセンスの無い写真になってしまった。(汗)

取り直そうとしたらカメラの電池切れ。

デッキで本を読んでいたら 足元のゼウスがピーピー鼻泣きして私の肘をツンとつつくそぶり。 暑いからエアコンの効いた家の中に入りたいらしい。
日陰で風もあるし十分涼しいと思ってたらゼウスには暑いそうだ。 贅沢なヤツ。
ゼウスだけ家の中へ入れたらガラス戸の向こうの私の真後ろでドタッと行き倒れて爆睡していた。

今日も平和な一日に感謝。
そしてメモリアルデー: 異国の地に倒れた兵士達が安らかに眠りますよう、、感謝。

Monday, May 21, 2012

ガーデニング

2年ぶりにガーデニングと一階の掃除 (掃除はさすがに2年ぶりじゃないけど、、でも2年ぶりくらいなんじゃね?ってくらいホコリだらけ)をしました。 

Lowe's へ行って適当にあさがお系の苗、って言ってももう花が咲いている苗を買って窓からつるすハンギングバスケットへ移し換えます。

これだけでもリビングからの眺めが華やかになりました。

ゼウスは大人しく珍しいガーデニングを眺めてたりフェンス内の庭をウサギを探して駆け回っていました。

昨日、うさぎの赤ちゃん達を庭で発見。 まだ片手の手のひらに十分おさまってしまう小さなベイビー達。 ゼウスに見つからないよう、デッキの下へ追いやりました。 
どうやらお母さんウサギと一緒にデッキの下に住んでいるようです。 深追いしようとするゼウスにはAh au!! のボイスコマンドで止めます。

ゼウスに見つからないで大きくなるんだよ~!

 半日デイケアへ行ったゼウス。 すっかりくつろいでいるボクサー君の傍らで、順番待ち?

Saturday, May 19, 2012

久しぶりに朝の散歩

土曜日の今日は気温が30℃前後まで上がるそうなので 久しぶりに朝食前にゼウスと散歩へ。

ここ田舎Romeの散歩風景を撮ってみました。

門へ向かって。 我が家の前は草原。


はす向かいの家の池と柳の木。 柳の木が豪快過ぎて幽霊の出る風情も無いような、、、。


近所の道、新緑がまぶしい。 田舎道は続くよどこまでも♪

近所の散歩では人に合う確立ほぼゼロ。 たまにジョギング中の人とすれ違うくらい。

ゼウスとてくてく何処までも。 影がオオカミだよ。  げっ、、影の私、太って見えるぞ(汗)。


しばらく行くと草原が広がる所に出る。 その先へは放し飼いジャックラッセルの家もある。 普段、この辺りまで出張してワンワンお出迎えしてくれる事も。 



この草原を眺める景色が結構好きです。


草原をバックに。 カメラを向けると何もコマンドもかけてないのに何故に首をかしげる!?  
『ブリっ子』 (死語) って思い出したよ。

はいはい、君がかわいいって事は分かったからサ、普通に写真とろうよ~!
まだ首かしげてるし。

さて、ここでゼウスのプロングカラーが随分下に落ちてる!と思えた人はプロ。

そう、随分下にずり落ちてますが最近、プロングの機能を使う事がほとんど無いのでカラー替わりにそのまま使っています。 あと、何かあった時の保険としてプロングは強い見方なので私が安心できます。

困った事はリングを一つはずすと 本来のプロングカラーの正しい使い方の見本のようにきちんと耳の後ろに収まるのですがキツすぎて肌に食い混んでしまい一度、出血したような跡を見つけました。
それ以来はリングをひとつ増やしてゆる~くしています。 ハーフサイズのリングでもあれば丁度良さそうなんですが、、、。

プロングカラー、うまく調節する方法が無いでしょうか!? どなたか教えてくださいませ~!

さてと、暑くなってきたし家に帰ろっと。

はい、我が家の門が左手に見えました。 お疲れ様~。

真っ直ぐな田舎道。 今時めずらしい電柱柱があります。(笑)

人や他犬とめったに会わない散歩なので残念ながら社会化にはなりません。 従って社会化の為の散歩は車で隣町の公園や遊歩道等へ出張コースとなります。 ガソリン代が高騰する中、悲しいですが、、。 やはり飲み代を削るしかないですかね~。

それでも今日のように天気が良いと夕食は冷奴とギンギンに冷やした日本酒が欲しいな、、いや欲しいゾ。 (この間、隣町のワインショップで日本酒を数種類売っているのを見かけた。) 
隣町まで買いに行くか、、。 (全然節約になってない)

Friday, May 18, 2012

今学期を振り返って

今学期の成績がオンラインで出た。

Psychiatric Nursing  - A
Obstetrics Nursing   - B
Organic Chemistry2 - A

有機化学と精神科は一生懸命勉強して勝ち取ったA。

OB (産婦人科)がもしかして落第?と思えるほど最初の試験が悪かったのでCを覚悟していたがBでほっとした。 成績にCが入ってしまうとトランスファーする時GPAが下がり不利になるので 落第よりはましだけど出来れば欲しくない成績だ。

精神科ではかなりの人数が落第したらしい、、、友人のとったクリニカルではグループの7人中3人が落第したと言う。 
ファイナルExamが終わってからクラスメートとは会う機会が無いが仲良くしてくれた友人のうち1人がかなり危ないと言っていたので心配だ。
Nursingのクラスを一度落第してしまうと来年までクラスを待たなければならないので一年がフイになってしまう。

この間のデイケアの写真。
タイトルが 『2頭でジャンプ』 ってなっているけど、、、隣の子はジャンプしてるのにゼウスったら水を見てるだけだし。(笑)


書きたい事はいろいろあるのに、どうもPCの調子が悪く超遅いのでリブートして散歩へ行ってきます。

Wednesday, May 16, 2012

晴れ、そしてアルゼンチンドーゴの話

昨日、春休みの始まり~なんて書いたが 『夏休み』 だった。 ボケてるな私。

今日は日本晴れならぬアメリカ晴れで天気がとても良かった。 こんな日は散歩日和だがもろもろの用事が入ったのでゼウスは久しぶりにデイケアへ。

一週間程行く機会がなかったのでデイケアのスタッフさんからはどうしたのかゼウスの事を心配してくれていた。  ビジネスとは言え有難い事だ。

夏休みに入ったのでゼウスをデイケアへ入れる必要がなくなった。 でも一週間に1~2回は社会勉強の為に連れて行きたいと思っている。

他犬が居る中でゆっくりプールにつかる事ができるようになったとは、メデタイ。

去年はプールの水に足をつけるくらいでビビッていたビビりん坊でした。

水をキャッチ!
ん~、、やっぱり胴が長いね。 あまりの胴長、足長なので子供から真顔で 『牛なの?』 と聞かれた事があります。 でも牛って、、立ち耳はしてないよなぁ。 

その他デイケアの面白写真。 どこかで似たような人達を見た事あるような、、。

『ここから出してくれないわけ? じゃあ吠えてやる~!』

ゼウスがデイケアで楽しんでる間、私は家を片つけなければ。 この一学期間まともに片付けた事がない。 勉強部屋は書類と本の山でとても人の部屋とは思えない修羅場と化してしまった。 (泣)

そう言えば以前書いた二軒隣のアルゼンチンドーゴ犬の話の続き。 (庭に居たアルゼンチドーゴ
その後、二軒隣さんにお話をしに伺いました。  

ポイントはたまに我が家の裏庭に入ってくる放し飼いの超大型犬であるアルゼンチンドーゴ君、とても穏やかそうではある。  でももしも裏庭でゼウスと遭遇してしまった場合、ゼウスがどう出るか、その時私がコントロール出来なければ大事故になるので 我が家の庭には入らせないで欲しいという一点のみ。

別に事故を起こした訳でないし、わざわざそんな事言いに行かなくてもいいじゃないか、、と渋る夫。 いんや! 事故が起こってからでは遅いの! と夫の腕を引っ張って二件隣さんへ。

初対面の二軒隣さんは感じの良さそうなご夫妻でした。  アルゼンチンドーゴ君は耳が不自由な子だそうで、とても人間にはフレンドリー。 ただ、フレンドリーで何の問題も無い(多分) 犬の飼い主さんだからなのか危機管理に欠けてるな、、と思える所はあった。
 『 この間も脱走して、近所の子供達の悲鳴で気が付いた 』  と笑顔で言われて え~!! 本当に大丈夫なのかよ! と思ってしまう。
問題はトイレで外に出すと戻って来ない時があるのでどうしようも無いと言う。 (フェンスが無い家なので当然。 だったらリード付けて自分も外に出るしかないじゃん) 
とりあえず、今後はアルゼンチンドーゴ君が放浪の旅に出ないよう十分気をつけると約束してくれたのが数ヶ月前。

そして一ヶ月くらい前に気が付いたら二軒隣さんは庭に立派な野外ケンネルを作っていた。 
ふ~、、これで我が家の庭にやって来ることはもう無いかな、、とひとまず安心です。

Tuesday, May 15, 2012

春休みの始まり~

昨日でFinal Examが終わりました。

最終日はOrganic Chemistryでしたがひやっとした事。 試験が始まる前、いつものよう携帯の電源を切るようにと言われ、バッグの中の携帯を探したけれども見当たらない。 
きっと家に忘れたてきたのかも、、と思いあまり深く考えなかった。

そして試験中盤、、1,2時間も過ぎた頃だろうか、、いきなりシーンとしたクラスに響き渡る携帯の呼び出し音はまさしく自分のもの、、(汗)。
なんとバッグの奥へ入っていた。 急いで電源を切る。
携帯を使ったカンニング等の問題で試験中に携帯をいじると失格、、という事も聞いていたので大汗もの。
教授からは大目玉をくらう。

とりあえず、すみません、、と謝り、、でも試験は失格にはならずに済んだ。

ちなみに試験後にかかってきた番号に掛けなおすと、訳の分からないマーケティング会社からだった。

試験後、今日でお別れのクラスメート達と大学のカフェテリアでしばらくコーヒーを飲んだ。
その後帰宅しようと廊下を歩いていると教授とでくわす。 何ともう採点を終えたらしい。
教授曰く、You did really good! だそうだ。  ふ~、、良かった。 
それよりも何よりも失格にならずに済んで本当に良かった。 今でも冷や汗ものだ。
今後は携帯には本当に気をつけようと思う。

帰宅してからゼウスの散歩へ。  この所期末で忙しく散歩に時間をとれなかったので長い散歩へ行こうと思ったけれども雨が今にも降ってきそうだったので家の近所のみ。  ごめんよ~。

夫も普段よりも早めに帰宅してくれて学期末祝いで(何じゃそりゃ?)寿司バーへ行った。 ひさしぶりにイクラを食べられて感動! (こちらのイクラはちょっと塩分効きすぎだったけれど)。

もちろん日本の寿司とは比べ物にはならないけれどもこんな田舎で寿司が食べられるだけ有難い。  
でも本当は日本の新鮮な寿司や刺身、焼き魚、、が食べたくてそろそろ限界かも。


Wednesday, May 9, 2012

追い込み

いよいよ明日が精神科、月曜日がオーガニックケミストリーのFinal Examです。

更新は月曜日まで恐らく出来そうにありません。

今週はクラスが無いので期末試験対策を家でするのみでした。 ゼウスもあまりデイケアには行けないのでせめて昨日の午後、半日預けました。 ゼウスの写真はあまりなかったけれど他の子の面白い写真がありました。

黒い子は秋田犬でゼウスと同じくらいの大型犬ですが、秋田が小さく見えてしまうほどアニマル柄の子が大きい。(グレートデーンでもなさそうだし、いったいブリードは何だろう?)

秋田: あれっ、、何か橋の下を通る気分。

秋田: デヘへへ~ こんにちは~。
大きい子: おいっ!

大きい子: 耳食っちゃうぞ~
秋田: それはご勘弁を~
何だか可愛い2人組みです。

大きい子と秋田はよくデイケアの写真で見かけますが遊び好きで穏やかな子達です。 

最後はかわいいダルメシアンの子犬。

Thursday, May 3, 2012

首輪抜け

日本のオンライン新聞で土佐犬の首輪抜け事件を知った。 そしてここでも首輪抜け事件(っておおげさですが)が今日あった。

有機化学のクラスが終わり今日は実験が無かったので早めに帰宅。
この間撮った写真。 ママはドアップには耐えられないけどまだゼウスは大丈夫だね。

先週の実験レポートを終わらせたらまだ4時。 

これは久しぶりにゼウスと長めの散歩へ行けるぞ!と近所の5キロコースを歩いていた。
また、豪邸放し飼いのジャックラッセルが道路まで出てきてワンワンとお出迎えされる。 

知らん顔して通り過ぎようとした瞬間、何とゼウスのプロングカラーが道にバサッとリードごと落ちた。
とっさにゼウスには待てをかける。  家を出る時、カラーの留める部分の金具がしっかりかかっていなかったらしい。 (大汗) 初めての出来事だ。

ジャックラッセルが目前で吠える中、プロングカラーを掛けなおすまでしっかり座って待つことが出来たゼウスにはメチャ褒めした。 ふ~、、事故に至らずに本当に良かった。 

ゼウスとジャックラッセルはお互い相性が悪そうだ。 ゼウスは神経質、一方ジャックラッセルもガタガタ震えてるのにそれでもゼウスにかかってこようとする。
ジャーマンシェパード vs ジャックラッセル の喧嘩なんて見たくない。
サイズも違い過ぎてゼウスが本気になったらきっとジャックラッセルが大怪我をすると思う。
ただ、今回例え一瞬フリーになってもジャックラッセルには向かって行くそぶりも見せなかった。 成長はしたのかな? 

以前はプロングと普通のカラーでダブルフックをしていたがまた、ダブルフックを復活させるかどうしようか、、。

Tuesday, May 1, 2012

Army wives を見て

夕食後の息抜きにTVドラマのArmy Wives を久しぶりに見た。 かなり飛び飛びに見ていたので前後に話が繋がらなかったが非常に印象に残ったシーンがあった。

内乱の最中に残されたアメリカ人を救出する為、アフリカ奥地に派遣されたアーミーのユニット。
孤児院でボランテイアするアメリカ人2人を収容したが、もう一人のアメリカ人は子供達を残して自分だけ避難出来ない、、と残る事を主張。
迫り来る戦火、アーミーのジープに子供達全員を収容する事は不可能。 
ユニットと救った2人の人命を守るため、2スタージェネラルからは現場からの即時撤退の命令が下される。 一人のアメリカ人と孤児院の子供達を残し後ろ髪を引かれる思いで撤退するユニット。

ユニットの帰国後、戦火・暴徒により孤児院の子供達が虐殺されたというニュースが入り 作戦の司令官である2スタージェネラルは責任を問われ、、、今後に続くというストーリー。

子供達は何としても救うべきだった、この作戦は失敗だったね、、と隣で見ている夫に言ったら 『全ての人を救う事は出来ない。 犠牲者を出さずに2人救う事が出来ただけでも上出来。 』 と言われた。

考えてみれば救った人命よりも失われた人命で評価される事が多いのが軍だと思う。

シリア政府による自国民への攻撃を見てアメリカ軍を出動させるべきだ、、という上院議員の意見もある。 日々送られてくるシリアからの映像を見る事はつらい、、が、巨額の借金にアメリカという国自体があえいでいる中、 全ての人を救う事は出来ない、、、としか言えないのではないかと思う。

もっとシリアの近くの国の人:ヨーロッパ!なんとかならないのか? 
エジプトにしても自由を勝ち取ったのに なぜ同じような境遇の近くの隣人を見て見ぬふりするのか理解に苦しむ。