Monday, October 14, 2013

12頭の犬が押収

隣のカウンティのHerkimerで12頭の犬が州警察によって一般宅から押収されたというニュースがローカルニュースの一面に。

画面で見た限り全て大型犬。 やせてダニノミにたかられ、その中の一頭は体の毛が半分抜け落ちてしまった状態。 今はHerkimerのシェルターに移され全頭が獣医のケアを受けています。

飼い主は逮捕されていませんがそのうちAnimal Abuse の罪でチャージされるのではないかとニュースには出ています。 犬の状態を見た近所の人が州警察へ通報して発覚しました。

数年前の冬、マイナス30℃の中、自分の飼い犬のピットブルを外に繋ぎっぱなしにした飼い主も近所の人が見つけ警察に通報して犬の命が救われました。
近所パワー凄い、と感心です。

敷地の広いアメリカでも12頭を一般宅で飼う事はかなり難しいと思ったのでもしかしてレスキューをしている家だったのかな? とも。(あくまで憶測) 

先日、オハイオ州で広大な敷地内に50頭以上の犬をシェルターからアダプトして飼っている女性が心不全で突然亡くなり、餌を普段満足にもらっていなかったようなやせ細った犬達がその女性の遺体を食べてしまい気が付いて踏み込んだ警察や近所の人が劣悪な環境にある犬達を見てびっくり仰天したというニュースを思い出しました。

ゼウスが来たレスキュー団体は皆ケアが行き届いていたし時々見るホームページでも一頭一頭のケアについて細かく詳細が出ています。 またブログを通して知り合ったレスキュー団体や個人の方も犬の事を考えてきちんとケアされている人ばかり、、、。

悪いニュースは目立つから仕方のない事なのかもしれません。 

何も出来ない私はシェルターに寄付するぐらいしか出来ません。 なお今回、12頭を受け入れたHerkimer Countyのシェルターではドッグフードが足りなくなってきているのでドネーションを募っています、、、とニュースで出ていたのでこれから寄付してきます。

2 comments:

  1. Sarah mamaOctober 14, 2013 at 8:39 PM

    日本は3連休でした。
    比較的涼しくて何だか命の洗濯が出来たようでした。
    本当に暑い、暑い夏でしたから。

    悲しいニュースですね。
    日本でも経済がダウンすると、猫や犬がポンポン捨てられます。
    ペットは飼うのではなくて、買うものなのです。これが現状です。

    でも、さすがにアメリカです。
    近所の通報ですぐに、行動に移すのですから。
    日本は先進国で一番動物の法律が少ない国なんです。

    私も寄付しか出来ませんが、フードなども協力します。

    ReplyDelete
    Replies
    1. Sarah mamaさん

      やっと涼しくなってきたようで本当に良かった。 楽しい散歩の季節が戻ってきましたね! サラちゃんの食欲は戻りましたか?

      景気が悪くなってまず締め出されるのが残念ながらペット、、ですよね。 一度家族として迎えたなら最後まで家族として遇して欲しいものです。
      日本のペットショップというシステム、安楽死では無い保健所の殺処分、去勢・避妊が一般に浸透していない事は残念でなりません。 

      動物愛護の法やシステムがある程度整ったアメリカでさえ飼育放棄やシェルターに捨てる人が後をたちません。
      でも サラママさんのおっしゃるように法があるおかげでとんでもない飼い方をした飼い主は罰せられる、、近所の人が警察に連絡したら警察が動いてくれるというのは本当に大きいです。

      先進国を名乗るなら動物にも優しい日本を法改正で見せて欲しいと日本国民として切に願っています。

      Delete