Sunday, December 1, 2013

南京虫 じぇじぇじぇ❢

ベッドバグ、、日本語では南京虫らしいです。

そいつがジェイミー実家で大発生!

ちいさいヤツからおおきなヤツまで昆虫が超苦手な私は悶絶もんです。

サンクスギビング休暇で10時間のドライブの末に着いたオハイオ州の実家、ドライブ途中に義姉1から南京発生注意報が入りました。

宿泊はホテルを取っていたしゼウスも連れて来なかった事は大正解。 

既に駆除した、、という事だったのでリビングのソファーには座らない事、座る時はタイル地のキッチンの皮の椅子に座れば多分大丈夫、と余裕こいてました。

で、サンクスギビング中はただでさえ 狭い実家のキッチンに義姉1、義姉2の家族と共に寄り集まってキッチンだけ満員列車並。(爆)

その間、男性陣が部屋中点検して回りましたが大丈夫だったので人が大勢居る場所は苦手、、、な私はリビングのソファーにそれでも注意しながら ちょこっと座って読書してました。

私もゼウスと同じくスペースに拘るヤツです。 パーソナルスペースが十分に無いと不安になって噛みつきます。 (爆)

でも、その日の午後、、、義兄がソファーで大量発生してるベッドバグを発見。
またまた男性陣でしらみつぶしに家中をさがすと、出てくる出てくる、、、、うぎゃ~~。

とりあえず家中のソファーやベッドを分解してベッドバグ用の殺虫剤をまき、既にベッドバグが発生していたものは殺虫剤をまいてから 家具用の大きなビニール袋へ押し込んで家の外に出しました。

サンクスギビング中は専門の駆除業者もつかまらず、やっと月曜日に予約が取れました。


私達はホテルに帰ってから実家で着ていた洋服は全てビニール袋に詰め封印して即シャワー。

目標はとにかくニューヨークにベッドバグを持ち帰らない事! です。


義父さん、、アンティークやガラージセールが大好きでやたらと古いものを買ってくるんですがおそらくそのあたりが怪しいでないかと。

古い物を大切にする事も大事だけれど、、虫付きはごめんじゃ!


昨夜遅くに帰宅しましたが ガラージで着ている物を全て脱いでまたまたビニールに封印。
スーツケースも全てマイナス10℃以下の庭へ出しっぱなしにしました。

これから熱湯で洗濯、乾燥機に放り込む事で例え虫の卵が付着していても死滅するそうです。

氷点下が続くとこれまた死滅するそうなので スーツケースは中身ごと念のため外へ一週間出しっぱなしにするしかなさそう。

今年は南京虫騒動で忘れる事の出来ない、、思い出深いサンクスギビングになりました。(笑)

ゼウスは今日の夕方迎えに行ってきま~す。

4 comments:

  1. Sarah mamaDecember 2, 2013 at 1:37 AM

    おえ~

    南京虫とは?
    今の日本では死語かも?
    それにしても、多すぎですね。ペットが居なくて幸いでした。
    犬やネコについたら。。。
    考えただけで、さむ~い!

    ママさんも大変でしたね。
    ゼウスくん、お迎えに行ったときはどうだったんでしょうか?
    ひさしぶりなので、ボク、捨てられたの?
    何て!
    思ったかな?

    ReplyDelete
    Replies
    1. Sarah mamaさん、

      やっぱ南京虫って死語ですよね~。(笑) ってか今の日本にはいない?

      フロントラインで予防してるとは言え、ゼウスを連れて行かなくて本当に良かったです。
      義姉は犬連れで殺虫剤の影響も含めて私は心配でしたが飼い主が全く気にしていないんで、、何とも言えず。

      ゼウスを迎えに行ったらデイケアのアテンダントをぐいぐい引っ張って登場しました。(汗) 

      多分デイケアでは良く眠れなかったんでしょうね~。
      帰宅後は2階のベッドへ直行して朝まで爆睡してました。

      Delete
  2. 南京虫ー(>_<)
    ママさん 大変でしたね(涙)
    ゼウスくんがその場にいなくてよかった!!!
    痒さが半端ないと聞きますよね(>_<)

    ReplyDelete
    Replies
    1. Megさん

      今さら南京虫って、、第二次世界大戦? 戦後か!? って感じですよね。(笑)

      旦那の実家なので私はどちらかと言えば傍観者で済んだのですが 服が湯での洗濯+高温での乾燥機で全部縮んだり、未だ外に出しっぱなしのスーツケース、、(爆)
      後処理に頭が痛いです。

      日本の服は外に干すのを前提に作られているのか? 見事に日本で買った服のみが半分に縮みました。(笑)

      Delete