Friday, August 30, 2013

Farmer's Market

ゼウスの散歩を兼ねて隣町Clintonのファーマーズマーケットへ。 いつもここで買って居るローマンレタスはスーパーで買うものよりも苦味とコクがあってクセになりそうです。

マーケットへ入る前にダウンタウンを散歩してゼウスの様子を見ます。

なかなか良い感じ。 店の外で開店準備をしているウエイターさんからウチにもシェパードが居るんだよ~♪なんて陽気に話しかけられてゼウスもガン見されましたが ガウる事無く大丈夫でした。
おそらく自分達が動いているので気にならないらしい。

マーケットへ入ると今日は混んでいる上に犬連れが多いようであちこちに犬が。 それでも小型~中型犬がメインで大型犬は最後、マーケットを出る前にピットブルに会ったくらいです。 ブルーピットでハンサムさんでした。 

今までマーケットの中で小型犬以外の他犬から吠えられる事はありませんでしたが今日は何回か中型犬から吠えられました。

至近距離で中型犬からギャン吠えされ もしかして反応するかも?と思いましたがそれよりも周りの状況が気になるようでキョロキョロ見回して挙動不審。 
う~ん、、無視って言うよりも心ここにあらず?って感じでしょうか。 それもよくないので少しマーケットの中を歩き回りました。

途中、何も言わずにいきなりゼウスを触り始めた女性がいてじぇじぇじぇ‼ でもゼウスも落ち着いていてこれはイケる思ったので笑顔を保ち (私がギョどるとゼウスにもウツルので、、、) そのままにしておきました。 

しっかし何も言わずに触る人もアメリカにしては珍しいな~。 はじめてです。

しばらくすると何となく楽しそうに歩き出したので私も自分の買い物をする事に。 いつも行くオーガニック農家のハンスおじさんの所で骨付きポークを買おうとしたら売り切れ、、。 

アーミッシュの農家でトマトを、他のオーガニック農家からローマンレタスと赤カブを買い込みました。

何時ものように両手の塞がる会計中は不慮の事態を防ぐ為にゼウスは私の前でDownさせリードは足で踏んでいます。 この間はノーリードのチワワが突進してきましたし油断出来ません。

その時に手前から来た、(多分犬好きな) 男性がニコニコとゼウスの目を覗き込みながらやって来るのが目に入り、ゼウスはDownを保っていますがそれでもサッと緊張したのが手に取るように分かりました。

もう一度Downの指示を出した事でガウりは回避。 ゼウスも あっ! やっぱダメなんだ~、、という感じでガクッと肩を落とすのが分かりました。 そうそう、公共の場所でガウりは禁止ですよ!

でも我慢できたね! 偉い偉い♪  と会計中なのにメッチャ褒めしていた痛い人です。(笑) 

その時会計していた 何時もレタスを買うお店の人もゼウスの事を知っているので一緒に喜んでくれました。 

警戒心の塊でナーバスなゼウスのようなシェパードは飼い主と他人との接点も気にするので特にお釣りの受け渡し等、お店の人と手を触れる時はゼウスから目を離さずに居ました。 最近は慣れてきたようで、ゼウスの目の前でお店の人と握手しても何しても 気にしなくなったようです。

買い物を済ませてからまたマーケットを2周くらいして人混みに突入して昨日のゼウスの勉強会は終わり。

ゼウスもある程度は我慢する事が出来るようになってきているのでその我慢がストレスになり変な所で噴出しないようマネージしながら許容量を増やしていきたいと思います。


Wednesday, August 28, 2013

ありがとうApe

いつか記事にしようとしてなかなかできなかった FBIの警察犬Apeの話です。

半年程前、ここから高速で30分程のHerkimerという町で64歳男性が銃を乱射して立てこもるという事件がありました。 これは病院実習中にナースが集まって額にしわ寄せてテレビに見入っていたのを覚えています。 また、この事件の余波で大学もその日は休校となりました。

当時の様子。

男は4人を射殺した後、空きビルに立てこもりました。 警察は最初ロボットを犯人の立てこもるビルに投入して投降させようとしましたが失敗。

そのような状況の中、FBIのポリスドッグのApe(エペ又はエイプちゃんって読むのかな?) が投入されました。

警察犬Apeの写真。 凛々しい Good Looking guyですね

目的は隠れている犯人の偵察でApeには特殊カメラが付けられていました。 

しかし、犯人が撃った1発目の銃弾はApeのカメラに当たり、2発目の銃弾がApe の体に当たりました。 ほぼ即死だったそうです。 直後SWATチームがなだれ込み犯人が射殺され事件は幕を閉じました。

犯行の動機も未だ不明で後味の悪い事件でした。 立てこもった後、犠牲者を出さずに済んだのはApeのおかげ、、、と反響を呼び私の友人達のFacebookでもApeへの感謝と追悼の気持ちを書いた記事を当時たくさん見かけました。

3歳未満、2月25日に警察犬として任務を開始したばかりで事件が起こったのが3月14日。 1ヶ月未満の短い職務期間となってしまいました。 まだまだこれからという時に短い犬生となってしまいApeを育てたトレーナーやハンドラー はさぞ無念で悔しかった事と察します。 

私の中でも当時衝撃で消化するのに時間がかかり半年後に記事をアップする事がやっと出来ました。
ポリスドッグやミリタリードッグ、人間の為の道具となって働く彼らにはありがとう、、、としか言葉が浮かびません。

Apeの亡骸はニューヨークからバージニアにあるFBI本部まで殉職者同様に丁重に運ばれそこで仲間の警察犬が眠る墓地に手厚く葬られました。

本当にありがとう、そしてお疲れさま。 虹の橋の向こうで安らかに。
そして仲間の人間の為に働いている犬達を見守ってくださいね。


Monday, August 26, 2013

Big Moose Lake とゼウスの牢破り

土曜日はBig Moose Lakeへ行ってみました。 Big Moose Lake は観光地のOld Forgeから山間のうねうねした細い道を30分程北西に行った所にあります。

州立公園では無いいわゆる別荘地が集まった中にあるのでパブリックのマリーナを表示する標識が全然見つかりません。 これはダメかな? と戻りかけた所でマリーナへ行く道がやっと見つかりました。

何となく廃れた感のあるマリーナでギョッ。 もちろん管理人らしき人も無しで勝手に道端に車を止めてご自由にどうそっ!って感じでした。 
州立公園のそこそこ整備されたマリーナを使い慣れていたせいで本当に安全なのかちょっと心配になりましたが一応結構な数の車が駐車されているので利用者はたくさんいるらしいのが救い。

早速Paddlingしました。 湖畔の家々からデッキが湖に伸びています。

気温は23℃くらいで暑すぎもせず気持ちよい天気でした。

ゆっくりしていたら先行した夫が米粒大の大きさになってしまった。

あれ~ この人私が先に行ってしまうと どちらかが沈没した時は救助しないといけないからなるべく離れずにっ! ってゴネる人なんですけど。(笑)

州立公園の湖と違って家々の庭やデッキを観察するのもまた楽しい。誰かの家のガゼボ。

ガゼボと言えばその昔 I Like Chopin という曲があって日本でも小林麻美さんがカバーしていました。  儚げで綺麗なメロディラインのI Like Chopin はMTVで見て気に入りましたが結局ガゼボって一発屋だったんでしょうかね? 

この間 ひとり沈没して以来自信を無くした夫。 もう行きたくないと言うので2週間前にプライベートレッスンを受けました。 

そうしたら復活出来たようで 今回は割と楽しんでいたようです。 良かった。

でもまだバランスに不安があるそうなのでカメラ撮影は私の役割。 なので自分の写真はありません。

お昼は登山用に買ったフリーズドライの携帯食を携帯ガスバーナーでお湯を沸かして食べようかと思ってマリーナに戻ってみましたが マリーナにはピクニックテーブルも何も無し。 

仕方なく携帯スナックをちょっとつまんでもう一回今度は湖の反対側に行ってみようとまた出発。

ボートと数回すれ違いましたが大きな湖の割にはボートが少なくて静かで良い所です。

もう一度行ってもいいな~と思うような湖でした。

そういえば対岸に桟橋のあるレストランらしきものが見えました。 って事はボートを止めてお食事へどうぞって事かな? 今度行ってみたいです。

前回のNicks Lake では景色が単調で退屈、、と言っていた夫もここは気に入ったようです。


パブリックのマリーナがまるで隠れ家のように非常に見つけずらい場所にあったので帰宅後ネットで調べてみると、湖畔にあるInn のマリーナも宿泊客以外にも一言聞けば快く貸してくれるそうです。 太っ腹。

ゼウスはお留守番。 キッチンのゲートを閉めて行ったのでキッチンとその奥にある裏庭に面した部屋がゼウスのお留守番ルームのはず、、、でした。

しかし敷地内に車を入れるとすぐに表の出窓からガンガン吠えているゼウスが目につきました。
あっちゃ~! さてはゲートでも倒したかな? 

調べてみるとゲートの鍵(とても簡単な手動の鍵)を自分で開けて出たらしい。 ゲートを付けて2年たって鍵を開ける事を覚えたんだ~‼ 

私と夫が家に居る状態でもう一度ゲートを閉めてみると、、、やっぱり長いマズルで鍵の部分をツンツンと押して開ける実演をしてくれました。  

夫は『お前、馬鹿じゃなかったのか~‼?』 と驚くし 私は喜ぶべきか悲しむべきか、、、。(笑) だってゲートはもはや用をたさなくなってしまったよ。 困った~。

馬鹿じゃないし、、、by Zeus

床に投げ出してあった枕を使ってぐっすり。

Thursday, August 22, 2013

グリーンレイクでの失敗から学んだ事

昨日のグリーンレイクの写真がまだありました。
トレイル木陰から眺めるレイク。

岸から急に深くなっている湖の中が見えます。

昨日の続きですが、帰る前に湖畔のビーチに子供や人が沢山居たのでわざと人の多そうな所にあるベンチを見つけて座り人間観察をするゼウスをさらに観察する?という事をやってみました。

ベンチの前は通路になっており人がしょっちゅう通ります。 ゼウスには私の横で伏せさせました。
結果は、、、男性のとある行為には恐怖心からのアグレッションが出るという事が分かりました。 

老若男女 普通に通り過ぎる分には全く反応しませんが男性がゼウスの目を見ながらゆっくりと近付いてくるとアグレッションが出てガウガウなタイガーに変身しました。 私が気が付くのが遅すぎでコレクションは失敗で興奮Maxへ。 直ぐに興奮は落ちましたが。  

もちろんイザという時の為にプロングカラーが外れないように(プロングバラバラ事件は時々聞きます、、ゾゾ~)事前に念入りにチェックしましたし人間に飛びかからせる事はゼウスの命がかかっているので絶対にさせません。

面白いと思ったのは(いや、面白く無いけど) こちらが散歩中だったり歩いている場合は至近距離へ男性がゼウスの目を見ながら向かいから歩いてきても全然OKなのにこちらが静止している場合に限りアグレッションが出ます。

いろいろと理由を考えてみました。
ガードドックの本能が出てしまう。 隣に飼い主が居るのに(もしくは居るからこそ)守りに入ってしまう。 散歩していたり何かをやっている最中はワサワサしている環境に意識を集中しているのでガウガウする暇がない、、って所でしょうか。

確かにベンチで座っているだけだとヒマ。 しかも人がそこそこ居たのでゼウスには伏せておけ!と指示していましたが指示してから時間もたってました。  そんな中、男性が自分の目を覗き込みながらやって来た、こっちはヒマだし、、、俺様の目を見ながらやって来るあいつは誰だ! 喧嘩売ってるんか?おいっ!どんどん近付いてくるゼ、、ちょっと怖い怖い怖い! ならばやられる前にやったる‼ってなっちゃったんだろうな~と想像できます。

この間ゼウスにとっては飼い主不在。(ふがいない、、) 男性がゼウスの目を見て近付いてくる事にいち早く気が付いてもう一度伏せとけ!と指示を出して落ち着かせてさえいればガウガウは出なかったと確信しています。

ジャーマンシェパードを守りに入らせない、また守りに入る環境を作らない事が大切とこちらも学びました。

ただ、犬の目を見る事 = アグレッションに繋がる事を理解しているのは一般的にほんの一握りの人だと思うので 目をじろじろと見られても平気もしくは慣れる、、、という事をしていかないと。


追記

グリーンレイクに半日居て不便だった事。 それは私がトイレに行けない~。 ゼウスを木に繋いでおくわけにも誰かにリードを持っててもらう事も出来ないし(ってかそんな事怖くてできませんっ)。 もしもシーザーミランかMasumiさんが偶然近くにいたら迷わずお願いしちゃいますけど。(←迷惑)
帰り道1時間のドライブが辛かったこと、、、(笑)。

強面の犬の飼い主さんは外でトイレに行きたい時はいったいどうされているんでしょうね?

Tuesday, August 20, 2013

予定外でグリーンレイク

昨日、今日と敷地内にある道路がくたびれてきたので舗装し直す工事をしています。

夫が手配した事は知ってましたが、何時工事に来るとはハッキリ決めていなかったらしく、昨日の朝、いきなり重機を積んだ大型トラック2台が敷地に入ってきた。 えっ聞いてねー! 
何できちんと日時を決めてない! と言うか日時にアバウトなアメリカらしい、、。

こういった時に一番困るのがゼウス。 散歩から帰って来たばかりで朝食をあげなければならないのに敷地内から聞こえる工事の音、他人の声に警戒して結局朝食を食べる素振りも見せません。

落ち着かせる為に2階に置いてあるクレート内で休ませました。 直ぐに静かになりましたがしばらくしてからチェックしてみると、、、、静かにはしているものの 顎から前足にかけての上半身がヨダレでベッチョリ。 これは緊張からくるものですね。

クレートの上から毛布を掛けて暗くしてさらに部屋の扉も占めてみましたが 工事の人が帰った夕方までにはもう体中ヨダレでグショグショに。  濡れタオルで体中綺麗に拭きました。

もしも今日工事するって知っていたら事前に準備できたのに~。 帰宅した夫に文句を言ったら自分も知らなかったんだから仕方ないじゃないか! と逆ギレ。 でもねぇ、工事会社にしつこく確認すれば済む話だったのに、、ツメが甘いんだな~。

今朝も工事続行なので、ゼウスを久しぶりにデイケアへ連れて行く事にしました。 狂犬病やケンネルコフ等の ワクチンの証明書はアップデートされているし大丈夫だろうと思っていましたがデイケアでは最近検便でパラサイトのチェックも必要になったと言われて、動物病院へサンプルを持って行きました。
しかし、結果が出るまで数時間かかるそうで 結局はデイケアへも行けず。

そこで久しぶりにニューヨーク州立公園のひとつ、グリーンレイクへ行ってみる事にしました。 気温が高くて27℃~30℃でしたがグリーンレイクのトレイルは殆どが木陰なので大丈夫です。

ゼウス連れてグリーンレイクへ行くのは2年ぶりかな? グリーンレイクへ続く道はずっとのどかな田舎道。

レイクの駐車場兼入場料が8ドル。 2年前は5~6ドルだったけど、、。 高くなったもんだ。

レイク到着。

湖に雲が映っています。 

トレイルの殆どが木陰なので人にも動物にも優しい。

少し水に入るかな?と勧めてみると、、、。 グングン進んで行ってしまってリードめ一杯。 サンダル持って来なかったのでそれ以上は行かないで~‼

鼻を舐めているので少し緊張はしたようですが水を怖がるって事はもう忘れてしまったようです。 怖いものが一つでも減ってよかったね。
そしてその場でDownしようとしたので ひえ~ダメ‼ (笑) タオル持ってこなかったし。 ごめんよ、私の準備不足でした。

今度はタオル持参で水浴びしよう!


このグリーンレイク公園は湖が二つトレイルで繋がっています。 もうひとつの湖にもGo!
最初の湖と比べると少し小さ目ですが。

小さい湖からトレイルを進んで行くとまた最初の湖の反対側の湖畔に到着。

青み掛った透明な水を通して湖に沈んだ木が見えます。

3時間近くかけて湖畔のトレイル歩きました。 砂利道では歩きたくない~!とゴネられましたが。 別に肉球に怪我している訳でもないので歩かせましたが、、、。 何故だろう? 

レイクを出る前にしばらくビーチの脇にある椅子に座って人間観察も。 失敗もしましたが、、また後日記録として残そうと思います。

 デイケアへは行けませんでしたがゼウスは満足だったかな?

 しかし、、、5時頃帰宅してみると なんとまだ工事が終わっていなかった、、、というオチに。

でもゼウスも疲れていたのか、私の声が届いたのか? 工事の人にも音にも反応しませんでした。 

一応行ったかいはあったという事ですかね。

Sunday, August 18, 2013

Kayak

土曜日は気温も25℃前後で天気が良かったのでAdirondack州立公園内にあるNicks Lakeでカヤックを。
Nicks Lake はエンジン付きのボートが禁止されているのでとても静かです。 静かな湖でゆっくりしたい人には隠れた名所だそうで夫が同僚から場所を聞いてきました。
私はボートのエンジン音は苦にはなりませんが 水上バイク(ジェットスキー)の爆音は苦手です。(アメリカの湖でジェットスキーしてる人を今まであまり見かけませんでしたがこの間近くのDelta Lakeで初めて見ました) 

キャンプ場も兼ねているので大きな駐車場、着替え出来るロッカールーム、シャワー等も完備されていて至れり尽くせり。

少し漕ぎだすと自然の中で開放感いっぱい。

とりあえず湖を一周してみました。 途中はしょったりして所要時間は1時間半程。

湖の真ん中でカヤックから足を投げ出して読書(←多分)してる女性を見ました。 いいな~そうした時間の過ごし方。 今度私もひとりで行ってみたいです。

湖畔から時々、キャンプしている子供達の歓声や犬の鳴き声が聞こえてきます。 水上スバイクと違ってこんな騒音なら歓迎です。

ビーチもあって水遊びしてる人達もちらほらと。 土曜日で天気も良いのにこの人出。 実際、駐車場も埋まっていたのは10%程で混んでる場所が好きでない私にはラッキー!
 
この辺りは州立公園が多いのできっと色々な所に分散出来てるのかな。 アメリカの国土の広さを感じます。

途中持ってきたビールを開けました。 湖のど真ん中で飲むよく冷えたビール(ビール用小型クーラーボックス持参、笑)は最高。

4時頃まで湖で過ごして帰路につきました。 ここNicks Lakeなら私は何回でも来れそうな程気に入りましたが夫に言わせると 『風景が退屈』だったそうな。 ふ~ん、、人によって感じ方は様々ですね。

ちなみにゼウスはお留守番。 ちょっと長めの9時間でした。 多分爆睡だったらしく帰ってくるなり思いっきりストレッチしてました。 最近、長く留守番させて気が付く事はお水が全然減っていない、、。 いくら空調が効いた家の中とは言えどうしたものか?

シェパ飼いのブログ友さんの愛犬も長時間の留守番の時は全然お水が減っていない、、なんていうブログ記事を見た事があります。 あまり飲むとトイレに行けないな~っていう事が分かっていて自分自身でセーブしているのでしょうか? だとしたら長時間の留守番は、、ちょっと考えてしまうよね。
それともずーっと寝ているので喉も乾かない?

ボクだってねぇ そのくらいは分かってるんだよ。 byZeus


Thursday, August 15, 2013

うだうだ


ゼウス部屋(いや、ゲスト部屋だった、、)でうだうだするゼウス。 主のような顔してまぁ、、。

さあ、今週もFarmer's Marketへ行ってきました。 Farmer's Marketの駐車場として近くのホームセンターの駐車場が開放されていますが やっぱり混み込み。 
駐車しようとしていると車の中だと守りに入るゼウスが隣の車から出てきた人を見てガウガウしました。 お互い車の中なんでコレクションが難しい、、、。

プロングカラーを装着してマーケットへ向かうと 道の脇にあるオープンカフェに居た小型犬がゼウスを見て大興奮。 飼い主はリードをテーブルの何処かに結んでいたのか?テーブルが少し動いてビックリした。
とは言えオープンカフェがせり出してる一本道で避けようがなかった為、仕方なく目の前を通りましたが小型犬に興味の無いゼウスはシラ~っとしてました。(←フワフワの大型犬相手にもそうしてくれよっ 頼む!

道を渡っていよいよマーケットに突入前にとりあえず木陰で一休みプラス水分の補給。(実は私とゼウス、同じボトルから飲んでますケド、、今までお腹壊した事はありません)

そうしたら、、とてもボリュームのあるお姉さんがあなたの犬フレンドリー? とはるか遠くからスゴイ勢いで近寄ってきてくれましたが 『Not really』(そうでもない) とお断りしてしまいました。 

いや~、まあボリュームたっぷり感もさる事ながら犬が好き好き好き!ってオーラがあり過ぎて。きっとカン高い声で頭からいきなり触るんだろうな~、、、とハイ、先入観で決めました。 ごめんなさい。
せっかくゼウスの興奮を鎮めたばかりなので変なエネルギーはいらねっ。(何様?) 

でもいつかはどんな人にもどんなシチュエーション でもゼウスが触ってもらえるよう出来れば良いですね。

しばらくすると今度は年配の女性が静かに近寄ってきて私に確認した後、ゼウスに匂いを嗅がせてくれました。 
こういう方なら大歓迎。 
数年前は自分もシェパードを飼って居たそうで最初はゼウスを触る訳でもなく自然体。 ゼウスもリラックスして自ら伏せってました。
やはりビビりで警戒心の塊のシェパの性格をガッチリと把握してるなぁ、、と感心しました。 別れ際には撫ぜてもらってなぜかお尻もポンポンされていたゼウス。(笑) リラックスモードの時は何も心配入りません。

さて、いよいよマーケットに突入。 今日は混み込みです。 老若男女、子供はワラワラと走っていたりしてゼウスにとっては勉強処満載。

一番気を付ける所は会計時。 お財布出して両手がふさがる時なのでゼウスには私の足の前で伏せさせます。 でも今日は時々ヌクッと起きて辺りを見回しておりました。 直さなきゃだな。

肉屋のスタンドのおばさんとしばらく話していて気が付きましたが、昔はゼウスって散歩中に他人と話しただけで吠えかかってましたっけ。 う~ん、、進歩したもんだ♪ (←親馬鹿+自己満足)

先週予約したベーコンを受け取って、アーミッシュ(電気やガスを使わない昔ながらの生活をしている人達)の人達 から野菜を買ってからマーケットを後にしました。

しかし、アーミッシュの人たちは電気もガスも無く一体どのように生活しているんだろう。 興味深いです。

Thursday, August 8, 2013

今週もFarmer's Market

今週もFarmer's Market へ行って来ました。 とある農家の出店では抗生物質を使わず、飼料も自然に近いもので育てた家畜のお肉が手に入ります。 
この間、ベーコンを買ったら超うまっ! だったのでマーケット開場10時に合わせて行ったのにもかかわらず、なんとベーコンは既に売り切れ。 残念、やっぱりおいしいものを手に入れるには苦労するもんですね~。

実は先週も売り切れてガックリだったので2週続けて、撃沈。(ホント、どーでもいい話題ですみませんっ) でも出店のおじさんのハンスさんがかわいそうに思ってくれたのか? 来週は取っておいてくれると! なんと予約のような事をしてくれました。
やった~ 楽しみ。

あと、さすが 農家のハンスさん!と思った事は普通ゼウス連れで買い物すると、お店の人が触ろうとするもんです。 でもハンスさんは全くゼウスを全く無視。 まるでゼウスが居ないかのようにふるまってくれました。 
いや、これは男性にビビる性格のゼウスにとっては本当に有難い事なんです。 農家で家畜や動物に慣れておられるんでしょうね。 (で、ゼウス見てこいつはヤバい!と思ったのかも、、笑)

さて、今回のFarmer’s Market、まず車を少し離れた所に止め、少し歩いてゼウスの興奮の度合いが落ちているかどうかチェック。 

途中、古い家があったりしてなかなか雰囲気のある通りです。



道の向こう側に見えるFarmer's Market。 この奥にも出店がぎっしり詰まっていて結構広いです。

今朝は早かったのでそれ程混んでいませんでしたが色々な犬も来てました。 ピットブル、ダルメシアン、、落ち着いていてリーシュで心身共に飼い主さんとつながっている犬がほとんど。(素晴らしい!)

でも、例の農家のハンスさんと話している時、小さいチワワがピョコピョコひとりで歩いてる~! 光景が目に入りました。ゼウスは気が付いているのかいないのか、、無表情。

いったい誰の犬なんだか、、と観察しているとテリアを連れた飼い主が少し離れた所にいてチワワはひたすらその後を追っているように見えました。 その人の飼い犬かと、、。 傍目にみるとかわいいけど、チワワにも、ほかの犬(特に小型犬に反応する犬の飼い主さん)にも、事故になり兼ねない状況です。

別の店で今度は野菜を買い込んで会計をしていると、後ろから『Come!』のどデカい声。
なんと、そのチワワがDownさせていたゼウスの鼻先に居ました。ってかあまりにチワワが小さ過ぎて私も気が付かなかった。

チワワは大人しく飼い主の方へ戻って行ったのでリーシュはしていないけど一応飼い主さんとは繋がっているんだなぁとは感じましたけど。 

でももしもゼウスが反応していたらガブっといっちゃう訳だし、、。 いくらノーリーシュの相手に非があるとは言え自分の犬を加害者には二度としたくないよ~。
飼い主さん、あなたのチワワがかわいくないんですか~? (←心の声)

ゼウスは無反応。 小型犬は平気らしいです。 もしもフワフワの大型犬が相手だったらガウガウ行くんだろうなぁ。  

今まで奴が反応した犬は ゴールデン、バーニーズ、マラミュート、ピレネー、そしてニューファンドランド犬。みんなフワフワのモコモコ犬ばかり。
ニューファンドランドに至ってはもう、熊みたいで、、、いつか一緒に寝てみたい♪

もう熊以外の何物にも見えませんよ、、。 でもニューファンドランド犬です。 好きだな~。


帰宅後はお疲れのご様子。(私の方が心理的に疲れたよ~)

そして、外を通ったトラックにガウガウして怒られた図。(全然反省しておりませんがな、、)

Friday, August 2, 2013

今日の散歩

今朝の散歩はいつもと違う処へ行ってみよう!という事で家から10分くらいの所にある運河沿いの遊歩道へ行ってみました。

初めてですが駐車場もあって何だか良さげな感じ。道も舗装してあるし、、、っと。

しかし、数分歩くと水が濁っていかにも蚊が湧いていそうな池が現れてその先は舗装してない砂利道が。

 両側に草が覆い茂っているし昆虫嫌いな自分には無理! とあきらめてUターン。 

もと来た道を引き返していると前方からマラミュートが飼い主を引っ張りながら登場。 
マラミュートの写真を借りてきました。 ハスキーを巨大化した感じで穏やかな性格の子が多いです。

ただ、伸びるリードで飼い主さんははるか後方っていうのを見てマズいな~と 道の脇へひたすら避けても気にせずに道の真ん中をマラミュートに引かせて歩いてくる飼い主さん。

ゼウスは飼い主を引っ張ってくる犬にはダメで基本ガウります。
以前、Masumiさんから教えてもらいましたが 人間を引っ張って来る犬はまるで暴走車が突っ込んでくるようなもので犬にとってかなり恐怖だそうです。

あっ、、ゼウス、お前ガウりよるな!と思ったら案の定、びっくりする程ガウってくれました。 
しかも私が油断していて普通のカラーだったせいなのか全然コントロール出来ません。 

家の周りはプロングカラー無しで普通のカラーでも、あの一昨日のロットワイラーに絡まれた時でさえ平気だったのに。 今回はその比ではなく興奮度Max。 ゼウスがガウガウ暴れ馬になってまるでダメ飼い主の見本。 

なんじゃこりゃ~!?と自分で自分に驚きの嵐。 (それじゃダメじゃん!って自分へのツッコミもむなしjかったデス)

もちろん相手の飼い主さんもひいてましたよ。 伸びるリードをサッと縮めてました。(笑)

まさかドッグアグレッション? こいつはマズい、、と速攻で家にプロングカラーを取りに戻りそのまま隣町の遊歩道へ繰り出しました。 
陽も照りだしてきて今から散歩行くには自分にもゼウスにもかわいそうな天候でしたけど。 でもアグレッションをコントロールする方がプライオリティが高いという事で。

隣町の遊歩道は人も犬もそこそこ歩いていて絶好のトレーニング場所でした。 大型犬1頭、小型犬3頭とすれ違いは全然OKでした。 やはりプロングカラーの威力+すれ違った犬達が皆人間にコントロールされていた点が大きかったかな。

途中すれ違った犬の飼い主さんがゼウスの事を良い子だね~と褒めてくれたんですが、、、これが1時間前にガウって暴れ馬だった奴とは 信じられない。

ああ、まだまだだ~。 ゼウスから舐めんなよっ! って馬鹿にされた気がしないでもない今日の散歩でした。(笑)

自分がまだゼウスの上を完全に握る事の出来ない飼い主だという事を実感したのも事実。 
まだ上ヲ! です。