Tuesday, November 26, 2013

雪遊び

昨日からちょっとづつ雪が降り始めました。

昨日は外の体感温度マイナス16℃、今日はまだまし、マイナス6℃くらい。 でも道路が泥かぶってたので家の中でゼウスはトレッドミル、私はその横でエクササイズ、、、と室内運動の日が続いています。

トレッドミルが終わったら外で思い切り遊ばせようと裏庭へ行くと、、。
雪が大好きなゼウスはヒャッホイ野郎に。

普段ひとりじゃ遊ばないクセに雪があるとひとり遊びが出来ます。

遊ぼう!ってお誘いされましたが、、、。

やり過ぎると大好きな雪を前にしてエスカレーションして理性がぶっ飛ぶので程々にお相手してあげます。

ゼウスをアダプトした当初はそれを知らずにえらい目に合ったもんです。 雪の日に初めて庭へ出て一緒にあそんだら じゃれてきて引きずり倒されフガフガ 甘噛みガウガウで着ていたダウンはボロボロ、、。(笑)

まっ、、あの頃はゼウスは私の事なんか屁とも思ってなかったんだろうけど。 (う~ん今もか?それじゃダメじゃん!)

この挑発的な目、、、。 オッ、、やるか!?

2週間前に雪がちらちら降った時、今もまだ雪で遊んでエスカレーションするのか裏庭でちょっと実験してみました。 
わざと興奮するような遊び方をしている最中に Sit, Come, Down で私の声が届くかどうか?

結果は以前よりは良かった、、かな。 ただ、一線を超えるとなかなかこちらの世界に帰って来ない事も分かりました。

だから、、ヒャッホイくらいで封印しておこうね。


何? 何言ってんの? byZeus

シカの足跡トラックなう。

遠目に小動物が庭を横切りました。 リスかウサギか?


 もう疲れちゃったよ、デへへ

 これで雪あそび終わり。

明日からThanksgivingでジェイミーの実家に帰省予定。
ゼウスを連れて行きたかったけれど義姉さんも犬を連れて帰るそうなので今回は遠慮しました。

ゼウスはデイケアの施設で泊まりになります。 超久しぶりのデイケアなので少し心配ですが、、そこはデイケアのトレーナーとスタッフを信じるしかないですね。

それに私の試験が終わってからはいつも一緒だったから、、、たまには離れてみるのもイイかな?

他人の家の窯の飯を食ってコイ!って事で。

Saturday, November 23, 2013

アニマルコントロール

豪邸から飛び出た2頭の犬から追われた事、 やはりドッグファイトになる危険性があったので今後の安全の為にもアニマルコントロールへ通報しました。

通報しても何回も同じような問題を起こしてさえいなければ飼い主への注意で済むはずだし。

アメリカのアニマルコントロール、、私はあのアニマルコップでしたっけ? テレビでやってた、、。
警察のように事務的な対応なのかな? と思って電話しましたが、、アニマルコントロールオフィサーは近所のオバちゃん的な? 方で、、。

場所の説明をする時に、私その豪邸野郎のアドレスは知りません。

私    ”〇〇ストリートと〇〇ストリートが交差する近くの、、、え~っと、、、”
担当者 ”あ~~あの白いフェンスで囲まれた大きな家でしょっ!”

私    ”はい! そうです。” (あっちゃ~~、、もう通報されてんじゃん、、)
担当者 ”あそこ 今まで何回も通報されてんのよ❢ (怒) ブツブツ、、 ” (アンタが怒ってどーする)

私    ”えっ! そーだったんですか、、”
担当者 ”2頭のうち1頭は今まで怪我人?怪我犬?(どちらか聞き取れなかった)を出してるのよ! もう今回で飼い主は市の裁判所へ出頭だわね。 じゃっ これから市の弁護士と会って書類作るから、、。 また電話するわ~”

ガシャッ!

でした。

豪邸野郎は残念な飼い主だった。

あれだけの豪邸でお金が有り余っているならどうして市から最初の警告を受けた時に犬用フェンスを作らない? 超疑問。

サッカー場が一個か2個分入る庭をもっていて、犬を放し飼いしたいならそのほんの一部をフェンスで囲えばイイだけなのに。

あの犬達はどうなるんだろう、、。 一般的には3回警告が行って改善されなければ取り上げられるらしい。取り上げられた先は暗い未来が待っているとしか思えない。

飼い主がいくらお金持ちで豪邸に住み広い庭があっても犬は幸せになれない事がよく分かりました。

逆にMasumiさんがよくブログで言っているように 飼い主が狭いアパート暮らしでも毎日一緒に散歩へ行って愛情一杯で(あっ、、犬に所有されたり、犬にベッタリだったりという歪んだ愛情ではありません) 過ごしている犬の方が幸せだって事が。
 

Wednesday, November 20, 2013

手ぬぐいバンザイ❢

最近酷くなった動物が出てきた時にTVを襲う!(爆)
宅配、来客の時に興奮Maxで制御不能になる事、、、ゼウスに関する悩みは尽きずもう一度Masumiさんのメールセッションを受けはじめました。

それに前のメールセッションで一度は教えて頂いた事も徹底していなかったり喉元過ぎたらなんとやら、、な残念な私。

セッション、始まったばかりですが楽しみで楽しみで。
時間のある今、もう一度初心に帰り徹底してやってみます。


最近思っていたプロングカラーの位置がいつもズレてしまう事、、リングをひとつ減らすとパッツンパッツン、、かと言ってリングを増やすとネックレス状。 

どうしたもんか、、と思ってセッション中にMasumiさんに相談した所 手ぬぐいでクッションを作る事でプロングが落ちて来ないようにする裏ワザを教えて頂きました。

家を出る前に手ぬぐいをちょっと巻いて普通に縛ります。 そしてそのもっと上の方の正しい位置にプロングを付けます。

母さん、早く散歩行こうヨ! byZeus


結び目が下にさがっちゃってドロボーになってますがこの和柄がなんともミスマッチでイイ感じ♪ (←親馬鹿) 

プロングカラーはほぼ同じ位置をキープでミラクル!
目からウロコ。 Masumiさんの柔軟な考えには見習う事がホント多いです。 

手ぬぐい、、家にあって良かった~。
タンスの中を覗いたら ”大漁” 手ぬぐいがあったので次回は大漁で行ってみます!

***


しかし、散歩ではハプニングが。
私の大失敗でして、、でも記録として残します。

近所の散歩も同じ道は面白くないので最近行ってなかった田舎道へ行ってみました。

30分くらい歩いた所にある公道からはるか彼方に見える豪邸の庭で犬がギャン吠えしてたのが見えたんで一応は注意してました。 
ゼウスが落ち着いているのを確認し、その家の門の前を通っても出てこなかったので大丈夫と余裕こいて歩いていたら、、、道へ出て来て後ろからガウガウ私達を追っかけてきました。

ゼウスと同じくらいの大型犬2頭、、。 一頭の種類はよく分からず。 もう一頭はレッドノーズのピット。 

あの瞬間って何故スローモーションのように長く感じるんでしょうか?

 ノーリード犬とは今までイヤという程合っているし、ロットワイラーが突っ込んできた時も大丈夫だった。 対処法もMasumiさんのメルマガで説明されていた。 こんな時こそ落ち着けよ❢と思ってました。


でもピットが鼻にシワ寄せてゼウスの尻ではなくて顔にツッコんで来た時には もう理性が飛んだ残念な人になっとりましたワ。

あ~絶対に喧嘩お買い上げ!と思いましたもん。

寂しい田舎道、家はその豪邸がポツンと彼方に見えるだけ。 
何とかそこの飼い主に気が付いて欲しくて、、、やっちゃいました。
人間のギャン吠え、、、ギャアギャア叫び怒鳴りちらしてました。 (滝汗)

ホント、あの状況で一番やっちゃイケない事やってしまったんです。

これを書いてる今でも喉が少し痛いし。


で、どうなったかと言うと、、

喧嘩お買い上げはありませんでした。
ピットが顔に来てる間は微動だにせずなすがまま。 ピットは顔から興味が逸れたのか今度は尻の匂いを嗅ぎはじめました。 もう一頭は後ろから傍観。

その間にリードで緩くゼウスを引っ張り離れる事に成功。

 ピットが尻の匂いを嗅いで満足したのか追っては来なかったのでそのままスタコラサッサ。


そこの住人にはこの状態を知らせなければならないと思って距離を開けた後に取った証拠写真。
手前が何犬だろう? 奥がピット。

今回、私の大失態ですが ゼウスが反応しなかったので本当に助かりました。

それに追ってきたコ達もアグレッシブではなく、ただこちらが誰だか知りたかったドミなコ、、なだけでしょう。 でなければ無事で済んだはずがないし。

犬には怒ってませんが豪邸野郎にはむかっ腹です。 結局誰も出てきませんでしたし。
あれだけの豪邸で人っ子ひとり居ないってあり得ないでしょ、、と思うんですがね。


そして自分の対処の仕方も一歩間違えれば事故を起こす所だった、、、とひとり反省会。

とにかく人間がレッドゾーンにいっちゃあいけませんね!

次回があったら(イヤそんなもん本当に要らね!) この経験を生かそう。

Saturday, November 16, 2013

冬空

もうすっかり冬。 でも今日は珍しく気温が12℃まで上がりました!

午前中は手の離せない用があったのでゼウスにはトレッドミル40分頑張ってもらった。

昼頃に終わったのでこの暖かい気候を逃す事はないと散歩へ。 この所ダウンのロングジャケットを着ての散歩でしたが今日は半袖OKです。 
ゼウスには水1リットル入りのドッグパックを背負ってもらってお仕事してもらいました。

午後にまた用が入っていたので今日は近所の道4キロコース。

終わった後でまだ時間が少しあったのでバックヤードでロングリーシュを使ってオビの練習しました。

裏庭も寂しくなったね。

本日は絶好の障害物が、、、。 隣のデイブおじさん。(障害物扱いしてごめんなさい!でも良いトレーニングになりました、、偶然外で庭仕事していてくれてありがとう!)

2011年の夏にゼウスが噛んでしまったあのデイブおじさんが隣で芝刈りしてました。 お隣のバッククヤード、ウチからチラチラと見えます。

こんな時こそライフセイバーコマンドのカムとステイを徹底して教えなければ。


チラチラと見えるデイブさんを見たそうにしていましたが、カムとステイ、何回も繰り返し最後は無視出来るようになった所で今日のオビはおしまい。

あ~あ呼ばれちゃったら行かなきゃなァ~、、って感じ。 何かピシッとしてないんですけど、、。 しかも舌長過ぎだし (笑)

本当は境界線近く、デイブさんのもっと近くで練習出来たら完璧だけど、、デイブさんが怖がるかも、、、と自粛。

デイブさんの家にもゼウスと似てるシェパが居るんですが、、夏から一度も見ていない。
散歩へは行かない方針なのか? トイレでヤードへ繋がれている所は時々見てもあとは家の中だけのコのよう。

私に技量があればデイブさんの所のコも一緒に散歩へ連れて行ってあげられるんだけどなぁ。
しかしゼウスと一緒で私も狭量なもんで、、、残念。

Wednesday, November 13, 2013

Puppy Mills

パピー・ミル、この辺りでは聞いたことないよな~なんて思ってましたが、、、意外と近くにありました。

一昨日車のタイヤをメンテナンスしてる間ヒマ、、、で確か同じコンプレックスの中にペットショップがあるのを思い出して行ってみたらガラスケースのブースがいくつかあってあるブースには仔犬がぎゅうぎゅう。

びっくりしました。 だって今までペットショップで犬・猫が売られている所を見た事がありませんでしたから。 

ウチの近くの3つの大手チェーン: PetsMart, Petco, Pet Supply Plus の各ショップではケージやブースにたまに入っている犬・猫は全て地元Humane Society(シェルター)かレスキューからの里親募集中のコ達だけです。

てっきりニューヨーク州はペットショップで犬・猫を売る事を禁止されているのかと思ってました。 

でも現実は ペットショップで犬・猫の販売とパピーミルを禁止しようとする署名運動が現在進行形であるくらいですから 禁止はされてなかったんですね!

調べてみると地元のネットコミュニティでも話題になってまして、大手チェーンではない地元のペットショップが生き残る為には仕方ない、地元の店をサポートしよう という意見とパピーミル反対派に分かれて喧々諤々議論ちう。

私は今後その店で買い物する事はしません。 署名運動以外で1消費者として出来る事はこのくらい。 

散歩ボラしている地元のHumane Societyは満員御礼で2週間前から犬・猫すべての受け入れをストップしています。 

これだけ犬・猫が捨てられているのにペットショップで売れ残ったコ達の行先を考えると暗くなる。
命を一体何だと思ってるんだろう。

***


今日はマイナス5℃キター! 散歩は時々使うハーフチョークカラーで。 今までは時々頭1個分くらいゼウスが出ても耳が私の方を向いていれば容認してた時もありましたが、今後は思う処あって頭1個分もダメ。

私よりも少しでも先へ出るなっと思った時はハーフチョークの金属がカシャっと鳴る音で合図を送ってUターン。

Uターン2回くらいしたらゼウスも理解して完全に私の後ろへ下がりました。 後はフロントヤードで吠えまくってる犬がいる家の前を通っても乱れる事無く後ろでOK.

普段通らない道で 歯を見せながら吠えかかってくるボクサーMixの家の前を通った時は出てきたら危ないな~と思いましたが大丈夫でした。 

この普段通らないストリート、実は穴場でした。 通りの各家にフロントヤードで放し飼いになってる犬が居て皆ガウガウ大合唱。 良いトレーニングになります。(凄い迷惑なヤツ)

この歯を剥き出して吠えかかるボクサー、通りまで出てくるか来ないか賭けだったもんで一応ゼウスが落ち着きをキープ出来るよう、コレクションをゼウスにちょっとしたんですが、、、それから ゼウスがどよ~ん、、となぜが下げ下げのムード。

別にゼウスを怒ってないし、ただ何があっても落ち着いていてね!って念を押しただけなんだけどね~。

このまま下げ下げで散歩を終わらせるのも考え物なんで バックヤードの芝生の上にうっすらと残っている雪でゼウスをフリーにして (ロングリードで) 雪遊び。 一緒に駆け回りました。 

雪が大好きなゼウスはヒャッホイ野郎に変身しまして、、ゴキゲンで今日のActivityを終える事が出来ました。

Monday, November 11, 2013

獣医にて

雨の合間に散歩した後はボール投げを少しだけ。 雪もちらついてました。 真冬突入。

裏庭の中でも水捌けの良い地帯は雨が降った後でもドロドロになりませんが 芝生が見える季節ももうすぐ終わり。


ザ真剣


その後はいつもの場所で行き倒れてました。

グダグダ

昨日の夜、ダニを発見。 う~ん、、一体何処でお持ち帰りしたんだか。

ダニを取るピンセット買っておけば良かった。 ウチに無いのでとりあえずフロントライン付けて、ちなみにダニもゼウスが舐められない所に付いていたので ダニにも直接フロントライン。

朝、獣医に行って ダニを取るだけなので医師でなくVet Tech にお願いしました。 
今回、若い女性のVet Techでゼウスも全然OK. 

でもいざダニを取る時にダニが見つからず あれっ? あれっ~? と二人でゼウスの体をあちこち触ってやっと見っけ。(笑)

取った後でよく見ると足が6本ある Deer Tick というライム病の感染源になるヤツ。 
でもライム病はワクチンを打っているし どっちみち来年1月の健康診断で血液検査する予定なので(ライム病は2ヶ月待たないと血液に陽性反応が出ません) ほぼ大丈夫。

お世話になったVet Techさんと受付の人から ”大人しくって まるで大きなテディベアみたい!” とゼウスが可愛がられて 心の中で涙。

だって一昨日は人に向かってレッドゾーンしてたんだヨ~。  

これが ゼウスの本当の姿、、と言えるようがんばろう。

Sunday, November 10, 2013

宅配への吠えがかり

一度アマゾンプライムのお試し会員になったらいちいち送料を考える必要がなく、、、結局釣られてここ2年程やめられません。 もちろん年会費ガッツリ取られるので、結局トントンか損してるとは思いますが。(笑)

アマゾンはUPS(宅配業者)を使ってるので週に一度くらいの割合で敷地内にUPSのトラックが入ってくる訳ですが、、、そうするともれなくゼウスがレッドゾーン。(汗) 

トラックが入ってくる直前に私が気が付けば早めに落ち着かせる事が出来る時もあります。
でも気づくのが遅れてトラックがドライブウェイへ一旦入って来てしまったり、運悪くシャワー浴びてる時だったりすると、、、ガードドッグのスイッチが入って家中走り回って吠えまくり~の修羅場。 

一応深呼吸して 毅然とした態度を取る努力はしてるんですが、、、自分が感情的になってマズいなっと思う時はハンドシグナルでDownさせて落ち着かせます。 しかしそれすら興奮度Maxで届かない時はもうこっちがレッドゾーン!、、、になりそう。(爆) 

それじゃダメじゃん。 そんな時程、毅然とした態度。 こんな時こそボケ・ツッコミ。


昨日はとうとうマイナス3℃になりまして、、寒空の下を散歩しいていたらUPSのトラックが来て手前で止まった。  ゼウスは不信感Maxでトラックをガン見。
これはトレーニングになる!と思ったので コレクション入れつつ落ち着かせ近づいたら中から知ってるおっさんが出てきた。

おっさんの犬とは前行っていたデイケアが同じで顔見知り。 やっぱり犬好きオーラ全開でトリート持って”ゼウス~!ゼウス~!”ってこっちに寄ってくるもんだから キレましたがな。

完全にレッドゾーン。 マグロ、じゃなくってシェパードの一本釣り状態。 しかもカラーもプロングでなかったので私も久々に本気モードに入りました。

***親子の会話***
”殺る❢”
”どうしても行くならまず母さんを倒してからお行き❢”
***

落ち着かせる事1分程。 3分くらいで普通のコに戻りました。

あ~あの時おっさんが話しかけないでいてくれたら、、、トホホと思わずにはいられません。 でもこれは言い訳! だって人の事はコントロールなんて出来ないし。 

人間に対してレッドゾーンに入ったゼウスを見るのは久々でした。 でもそうさせたのは飼い主。

その後は気分を何とか変えて散歩しましたが寒空と一緒で心も寒~っ。

考えた事はウチから車でちょっと行った所にUPSの集配所があります。 近くゼウスを連れて 行ってまず慣れさせようと思ってます。

Thursday, November 7, 2013

Leader of the Pack

ここ一年ばかり日本のテレビは見てたけどアメリカのチャンネルはさっぱり、、、でいつの間にかDog Whisperer が終わっていたので超ショック。(去年ファイナルシーズンの事知っていたけどずっと忘れてた、、) 

後続番組、Leader of the Pack も見逃していたので早速DVDをチェック。

ヨーロッパのシェルターやレスキューにいる犬にスポットライトをあて誰が里親にふさわしいか、をシーザーが決める、、、と言う、、TVですので娯楽、オーデション的要素を多少含んだ番組構成になっています。

まだ3つのエピソードを見ただけですが シェルターでドッグアグレッシブと言わたピットブルやジャーマンシェパード (結果的に2頭共にドッグアグレッシブではなかった)、興奮の止まらないベルジアンマリノアのリハビリ 前後を興味深く見る事が出来ました。

残念な事にリハビリシーンはほぼカットされていて、具体的に彼が何をしたのか分かりません。
でも シーザーが各里親候補に説明している犬の心理状態の解説は非常に勉強になります。

そして里親サイドに先住犬との既存のパックがある場合の相性や比較も。 先住犬との顔合わせがはドキドキハラハラです。 
もしもゼウス連れて参加したら、弱っちいドミドミでオラオラなエネルギーを見抜かれて一番最初に落ちる事確実。(爆)


DVDは買ってソンのない一品でした。 そしてシェルターやレスキューの犬達にスポットライトを当てた企画は彼らしいな、、と思います。


***

明日から3日連続雨、、、の天気予報を見てグリーンレイク州立公園へ散歩へ行ってきました。 

空はどんより、、カナディアンギース の傍でゼウスと "Leave it"  の練習をしたかったけれども近づいたらとっとと逃げられてしまいました。(笑)

囮なんてまっぴらごめんだヨ! by カナディアンギース


湖一周コースは犬の散歩にはチャレンジングなトレイルがあります。


何処にも逃げ場が無い道がポコポコありましてハードル高し。

一昨年だったかな? この場所を上っていたら、、、

上からノーリードのコリーが来まして、、心臓が飛び出るくらいギョドりました。  ゼウスがスルー出来たか? 固まったか? (どちらか忘れた)、、のでトラブルにはなりませんでしたのでラッキーでした。

この狭くなっている所で今回はピットと出会いましたが相手もやはりトレーニング中、、、といった感じで多少ハーハーしましたがお互いスルーできました。

そう言えば、、プロングの位置がずれやすいので一つリングは外してみたらパッツンパッツン。 でも増やすとネックレス状態、、、何処かでプロングのハーフリングって売ってないもんでしょうか?


写真はもういいからっ! 早く行こうヨ! って言いたげな顔。


犬のビーチエリアにて、、、行ってもいいよ!とサインを出すとジャバジャバ、、、そのまま湖に入りそうだったので慌てて止める。(汗)

ダメって言われたら仕方ない、、諦めて戻ってきた。


まだ4時くらいでしたがもう日が沈みそう。 あっそうか、、、夏時間が終わったせいね。 これで日本と時差が14時間に広がってしまった。


ところで今日は2つの収穫。  トレイルでは子供を見なかったので今回はゼウスを私の左側、つまり対面で来る歩行者側のサイドをわざと歩かせました。  やって来る男性から何回か目を覗きこまれましたが反応ナッシング❢


もう一つは階段。 ウチの地下室に行く階段が裸階段って言うんですか? 間が見える階段でして、、ゼウスは怖がって絶対に降りません。 

裸階段から落ちて犬が怪我した、、なんて話も聞いたことがあるのでそれはそれで良いかもしれないけど 苦手なものはやっぱり無いに越したことはない、、、たまたま裸の階段があったので練習。

躊躇しましたが最初の3段程をリードで導くと、、あとはスタコラサッサ、、、行ってくれました。 この裸階段は下があまり見えないからそんなに怖くないかも。

降りる方が怖かったようですが、、、

階段3往復だ! 頑張れ! (私だって疲れてんだ)

グリーンレイクへ行くと散歩が何故かブーツキャンプ化する確率高し、、。(笑)

もう家へ帰りたい、、な気持ちでしょうかね?

でもこの後3日雨だから家でまったりしておくれ~。


あと、おそらくパーキンソン病と思われる男性が介護の方と一緒に歩いておられて ゼウスを見て触っても良い? と聞かれたのですが、 普通とは違う男性の動きにゼウスが警戒するのは目に見えてるので、トレーニング中なので、、と断りました。

狭量なヤツなので、、、セラピードッグのようなフトコロの広さは持ってないんですよ、、残念ながら。でもいつかは脱狭量! を目指してます。 

Tuesday, November 5, 2013

ジャブの応酬

昨日も寒い中遊歩道まで行きましたが、、、ガラガラ。 意味ないじゃん。 それでもしばらく歩くと人間数人、犬2頭と出会いました。

最初の一頭目、初めて見るでっかいジャーマンシェパードのオス。 でもちゃんと飼い主さんにコントロールされおっさんの後ろを歩いていて超安心、、、でしたが面白い事が。

すれ違いザマにシェパードが ”ウガァウガァ‼” 、そしたらゼウスも全く同じように ”ウガァウガァ‼”って挨拶し返しました。 

オスシェパ: ”今日からここを歩くことになったからな! お控えなすって!

ゼウス: ”オレはずっと前からここ歩いてるんだい! 何様‼?

っていうオス同士のジャブの応酬に見えて仕方ない。 もうツボに入ってツボに入って、、、コレクションしてるおっさんの横で笑いをこらえるので精一杯。 (ここで笑ったらヤなヤツと思われるから必至)

2頭ともリードが張る程の興奮もなかったし、あえて言えば興奮度2.5くらい。 こちらもダウンさせ興奮を鎮火はしました。

ありゃ絶対にオス同士の会話だった、、と思ってます。 (全然ちがったりして)

う~ん、、いつかおっさんに頼んで一緒にパックウオークさせて欲しいと思うくらいきちんとコントロールしてる人でした。 別に社交しなくて良いからとりあえず一緒に歩くだけって言う、、。 それだけでも犬にプラスになるだろうなと。


もう一つのハプニングは後ろから親子づれのジョギングが迫ってきました。 私の後ろで急に止まってえらく大声で会話しているんですが何語?メキシカンでもヨーロッパ系でもなく、多分中近東系移民の家族と見た。

でも突然その小学生くらいの子供が "Is this dog bite?" と私かな~?お母さんかな?良く分からないですけど聞く声が聞こえて、 私が答える前に お母さんが "Yes!" と答えてた。(爆)

ちょっと、失礼だな~ 今までそんな事言われた事ないわい、、と一瞬カチンと来ましたけれど、、でもおかげで触りたいの何のと子供が言う事は無いからいいや、、と放置。

ちなみに私もゼウスも遊歩道の脇を邪魔にならないように歩いているので追い越そうと思えばスペースは沢山あるのに何故後ろに張り付いているのか不明。

しばらくしてその小学生くらいの男の子がオドオドと寄ってきて、"Is your dog friendly?" と聞いてきたので思い切り へっ!? 

普通アメリカ人が"Is your dog friendly?" って聞いてくる時は 触って良いですか?と続く訳ですから。(だって君、お母さんからダメだって言われたでしょ!)
それに、そんなにオドオドしているとゼウスがナーバスになるから答えは "NO" です。 

その後もずっと私の後ろで分からない言語で何か言い合っていてさっぱり状況がつかめず???

そうしたら男の子がまたオドオド寄って来て "Can you hold your dog?" と聞いてきました。
それで分かった! この人達単に私を追い越したいだけだったのね!

そのコに 普通に横を行っても大丈夫よ!っと返すと、、、ドドドドドー❢ と全員で猛ダッシュして行ってしまいました。 こっちがビックリ、目が点。 

アメリカ人の反応と全く違うのでちょっと予測不能でしたわ今回。 家族全員犬嫌いだったのか?犬を不浄なものとして怖がる文化もあると聞いたこともありますし。 

犬が大人しくしていても怖がる人は怖がる、、今後は注意して歩こうと思いました。
例えば、私は飛ぶ昆虫が超苦手ですが 飛んでなくても昆虫がいたらぎゃ!っと言って逃げ出します。 それと同じかな?

Monday, November 4, 2013

お助けグッズ

私の車、犬を飼う事なんて全然考えてなかった時に買った車で燃費の良いちっこいセダンです。

非常に困っている事はゼウスを後部座席に乗せると神経質に後部座席をウロウロして鼻泣きする、道行く人や動物を見て瞬間湯沸かし器になる、 車を守りに入る、、、と問題をあげるとキリがありません。 運転中はゼウスをコレクションする事も難しい。

何とかクレートを乗せられないか、、と色々なクレート買ってみては試しましたが後部座席が小さすぎて四角いクレートが入りません。 せっかく入っても胴長のゼウスには小さ過ぎたりで5回くらい買っては即返品を繰り返しました。

その後でバークカラーを試しまして、、、これはこれで吠えを止める事は出来ましたが、でも挙動不審でウロウロ、、興奮は止まらないので根本的な解決には至りませんでした。

それでもここ一年程は随分良くなり私と遊歩道へ行く時は寝そべったり人が通っても無視が出来るまでになりました。 しかし、、、、

昨日たまたまジェイミーも一緒に車に乗り込んだら すぐ鼻泣きピーピー、道行く人や車に近づく人には吠えかかるは、、、私の運転しながら口頭でのコレクションも全く届かず、クソガキ君に後戻り。

そんなゼウスのワサワサに耐えられないジェイミーからはウソつき呼ばわりされるし。(笑)

やっぱり私だけでなく誰が車に乗ってもゼウスが安心して落ち着ける場所を作るには?、、、その昔ヤンキーがやってたような車の窓にカーテンを付けるとか? 窓ガラスを黒に変えるとか? (でもこれってサングラスと一緒でウチから外は見える訳で意味なし、、、その逆バージョンは??と思ったけど危なくて運転できねーじゃん)

アマゾンを覗いてみたらありました!
コラプサブルなのでフロントシートの背もたれが多少くっついても大丈夫そうです。 サイズもギリギリ。 上がメッシュなのかな? この上にブランケットでもフワッとかけたら何とかなりそうです。
少なくとも窓から外を覗いては興奮する事は止められる気がする。

これで落ち着けるかどうか、、? 楽しみです。