Sunday, May 18, 2014

懸垂下降 + おまけでロッククライミング

日本ではRappelling(懸垂下降)とRock Climbingはセットと考えられていると思いますが アメリカではRappellingがスポーツの一部になっています。 ロッククライミング をしなくても滝や崖の上からアンカーを取ってRappellingだけする人々も沢山います。

クライミングをしても懸垂下降はいづれ必要になるので今日はRappellingだけを専門に教えるクラスへ参加しました。

アンカーの取り方、セットアップの仕方、セイフティ 、ロープの繰り出し方等を習い イザ!

  

最初はロープを強く握り過ぎて手がロープ焼けするかと思いましたが、2回目以降はハーネスとロープを信じる事でロープを強く握り過ぎる事も無くスムーズに。

今日はRappellingのクラスなのでクライミングをする事は無いだろうな~、、でも念には念を押して一応クライミングシューズを持って行った所、今日は人数も少なくて時間があるのでクライミングしてみる? と言われもちろん!! このアメリカらしいアバウトさが好きです♪

初めてのアウトドアでのクライミング。
本日はカメラマンなので自分は写っていませんが、、、この男性と同じルートを完登する事が出来ました!


初めてのアウトドアでのクライミングはインドアと違って凄く緊張しました。 でもアンカー、ロープ、ビレイヤーとハーネスを信じる事が出来、安全を確保した上でなら普通の岩場へ行くよりも安全です。 

ジムでの練習は無駄じゃなかった! と完登できた喜びと 安全を確保する為の技術を学ぶ事の大切さを実感した日でした。

来週末はいよいよクライミングのクラスです。

2 comments:

  1. ママさん、すごすぎ~~!
    装備を信用してクライミングするのもとっても勇気いるのに。。。
    日ごろのジムのトレーニングの成果がでてよかったですね。

    ニュージャージ州まで、ドライブされたのですね。長旅ですね。
    でも、新緑を楽しまれて、気分よかったのでは?

    こちらも緑がまぶしいぐらいです。
    また、海が見たいなぁ~って思っています。ひとりで鴨川でも行こうかしら?

    ReplyDelete
    Replies
    1. Sarah mamaさん

      初クライミングで登った時は私も頭では分かっていても体がハーネスとロープそして安全を確保してくれているビレイヤーを信用出来ずに怖々ですがでも何とか上まで登れて、、でも降りる時にビレイヤー(ガイドさん)が少しづつロープを緩めて降ろしてくれた時に、あっ!体重かけても全然大丈夫だったんだ!! とはじめて信用する事が出来ました。

      懸垂下降は安全を確保する事を3重、4重にしてからやっと下降するという事を学びました。 
      最近日本でベテランの方が懸垂下降中の事故で亡くなる、、というニュースを聞いたばかりなので常に事故になる事を想定してより安全面はチェックしようと気が引き締まる思いです。

      新緑は本当に目に優しいですね♪ 鴨川へぶらり一人旅、良いですね~。 
      外房と来たら魚料理でしょうか? 当時、学生でお金が無くてそれでも魚料理が食べたくて 安そうな定食屋さんを見つけて海の幸盛り合わせ天ぷら定食をオーダーしたら山盛の天ぷらが出て来ました♪ あ~ヨダレが、、。(笑)

      Delete