Monday, July 28, 2014

Dix Range day hike ~ 5 peaks

Dix連峰5山縦走ハイキングへ行ってきました。
Hough 山頂から望んだDix山。

朝1時に起きてコーヒーとパンをかじってから2時に家を出発。 こんなに早く家を出たのは冬期登山以来です。  

最近は山先輩の山荘に泊まって甘やかされていたので久々のキツめのスケジュール。 
ちなみに山先輩はその週はボーイフレンドが滞在するそうで、、。 気にせず泊ったらいいよ! と言ってくれましたがお邪魔虫にはなりたく無いので今回の強行スケジュールとなりました。

最近はHigh Peaksへ行く道にも慣れたものですけど、途中まで行ってから気が付いた!!
こんな深夜に山深い道を運転するのは初めてだったと。 冬期登山へ行ってた時は高速を使っていました。 でも最近は高速を使うよりも下道をクネクネ行った方が時間を40分も短縮できる事が分かったのでもっぱら山深い道を使ってました。

真夜中、、電灯も何もない山道をクネクネ、、、はお化け等が怖いのではなく 変な人間がいたらいやだな~~と。 途中で車を止められカージャックされたり!? 等の映画みたいな想像が頭をよぎります。 途中一時間程人家の全く無い山道を通った時は気分の良いドライブではありませんでした。
明るい時は わっ!! 綺麗~ なんて思いながら運転していたのにね。

5時頃には無事にトレイルヘッドに到着。 グループの出発は6時なのでそれまで車の中でゆっくりしました。

6時前には他のメンバーが到着してトータル4名での縦走が始まりました。 
17Mile、27キロ、登山道からのトータルでの標高差6000ft、1800メートルのハイキングです。

このガレ場が登山道。


下が砂地でまさにガレガレズリズリ~と蟻地獄のように崩れるので下を登っている人に落石させないよう凄く神経を使いました。
前を行く青いシャツは今回のオーガナイザーのドロシー。 


半分程行くとやっと浮石が少なくなりました。


Macomb山頂

そこから次のピーク、South Dixへ。 今回ドロシーとシャツの色もクライミングパンツも そしてなんと帽子の色までかぶっていて(笑) 色の趣味が一緒と見ました! 
紛らわしいけどこちらは私。

左薬指の骨折は別にロッククライミングをする訳でなし、、大丈夫だろうと、、。(汗)
指用キャスト(添え木)を付けていると何処かにひっかけて余計怪我をしそうなので取ってしまいました。 

South Dix はMacombからちょっと岩山登りをした程度でピークへ達しました。

あまりに簡単に到達してしまったのでえっ!これがピーク??って感じでした。

山頂にて。  山頂の印も簡単で木にSouth Dixって彫ってあるだけ! (笑)

休みもせずに次のピーク、East Dixへどんどん進みます。(ってリーダーの方針)

East Dix、又の名をGrace Peak、、はさっきのようにそうそう近くも無く40分以上は登り下りを繰り返しました。

山頂にて。 ひゃ~~汗ダラダラでお化けみたいっす。(笑)

山頂からの風景

山頂ではオーストラリアンシェパードがトリートをねだってました。(笑)

最初は何犬か分からずに飼い主さんに聞いてみるとオーストラリアンシェパードで暑そうだったからこの間丸刈りにしたそう。
山頂でみんなに愛想を振りまいて食べ物をねだっていました。 こんなコと登山したら癒されますね!

ここからいよいよ今回の山場(ってダジャレじゃないよ) である偽ピークのBechhornをへてDixへ向かいます。

Dix がいよいよ近付いてきました。

とんがったピークがDix山頂。
車を止めた近くのElk Lakeが綺麗に見えました。

Elk Lake湖畔に一軒だけあるホテル泊まってカヤックも良いな~と思いました。
 
Dixがますます近くなりあともう一息。

山頂直下で最後のコブの所。 グループの先頭を歩くポールの背中が見えます。

私は写真を撮りながらのんびり歩いていたのでかなり遅れていました。 コブ一つ分後ろから望遠を目いっぱいにして撮っています。

やっと山頂に到達。





みんなバテバテで一休み。

1時に最後の5ピークDix山頂に到着しました。

下山前に最後の写真。

ドロシーが写ってるこの写真が今回一番のお気に入りです♪
下山は怪我する確率が一番高くなるので慎重に慎重に、、。
ゼウスが待ってるしネ!!

トレイルヘッド到着が4時半。 計10時間のハイキングでした。

その後今回は急ぎのメンバーがいるので恒例のディナーは無し。 
私も直ぐに高速に乗り途中でコーヒーを買って目を覚まし無事8時半には帰宅しました。

疲れたけれどもハッピーで充実したハイキングでした。

4 comments:

  1. おはようございます。

    う~ん!の一言です。

    10時間のハイキングと書かれていましたが。
    私のとってはうなるだけです。
    普段の体力が物を言いますね。
    それに骨折された指もシンパイでしたが、支障なくて、ホットしましたよ。

    山頂にワンコとは?驚きでした。
    ママさん、ブルーとってお似合いでお仲間も一緒とは?

    お写真も迫力ありました。
    やはり自然たっぷりの光景は癒されますね。
    うっとり眺めていました。

    さあ、ばばちゃん生活もスタートしましたよ。
    半年前に会った孫は幼稚園に通っているせいか、とってもおとなしくビックリしました。
    これでは私も勉強しなくては?笑
    ゆっくりお体を休めてくださ~いね!

    ReplyDelete
    Replies
    1. Sarah mamaさん

      息子さん家族が来られて賑やかになりましたね♪
      サラちゃんやゆりちゃんをシャンプーするのは大変でしたでしょう。 私はゼウス一頭だけで腰にきます。 お孫ちゃんとの生活も楽しいですね!

      今回のハイクはやはり家を深夜に出たせいか疲れがいつもよりも早く来ました。 もっと距離的にも標高差もつらいハイキングを経験しているのに。

      山頂のオーストラリアンシェパードには私もビックリ。 犬もがんばって登ったんだな~と。 警戒心のない人懐こいコでした。 食べている人や食べ物をザックから出そうとしている人の前にきてお座りして皆で爆笑でした。 こんなコがいると見ず知らずの他人とも会話がはずみます。
      下山中にまた会って、飼い主さんから勝手に先に行くんじゃない!って叱られてました。(笑)

      この所トレーニングを怠ってるせいか今日になって足が筋肉痛で階段をの昇り降りがキツく やっぱり年取ると直後ではなく数日後に出るんですね~。(笑)
      シェルターが休みの日で散歩が無く助かりましたけど、、。 明日シェルターのコ達と会うのが楽しみです。

      サラママさんもグランマ生活をお楽しみくださいね~!

      Delete
  2. ワンズに乾杯July 28, 2014 at 11:49 PM

    オーストラリア・シェパード;って、小柄でしたよね? 優しいお顔なので シェパードには、思えませんね。色々と体験され、すばらしい。私は、最近、なにも、チャレンジしてないので、なにか、考えてみたいです。やはり、上りと下りの得意の方ってみえますか? ちなみにゼウスママは どちら?ケガだけはないように、気をつけて、たのしませて、くださいな

    ReplyDelete
    Replies
    1. ワンズに乾杯さん

      私も言われるまでオーストラリアンシェパードとは思ってもみませんでした。 ジャーマンよりもちょっと小柄ですね。 人間大好きなのか食べ物をくれる人大好きなのか? 人懐こいコでした♪
      ゼウスもこのくらい人懐こかったらハイキングへ連れて行けるんですけどね、、。

      私は登りは好きですが下山は苦手なので凄くゆっくり下山します。 転がるように下山する人も多いですが怪我をするのはごめんだし。 下山の方が力んでしまいますね。

      チャレンジ、良いですね~! 日本にも沢山良い山があるのでワンズ達とのハイキングはどうでしょう♪

      怪我したり最悪死んでしまったりするとゼウスが孤児になってしまうので気を付けますね~。

      Delete