Wednesday, October 15, 2014

今日の散歩

まずは減量中のスペンサー。 SOB(Short of Breath)、、もしかして心臓が悪いのか? 息が荒く気になります。 息の中に変な匂いも交じっているので糖尿病の気があるかも?? 

いずれにせよ毎日のエクササイズでしっかり減量しなければなりません。 SOBのために100メートル程歩いては休んで、、を繰り返しながら1時間の散歩をしました。

枯葉に埋もれたスペンサー

こんなんなるまで太らせて、、ロクに散歩へ行かなかった事もまるわかり!

最近シェルターに来る飼い主持ち込みの犬達は減量が必要な子ばかりです。 どうして不健康なまでに太らせるかな~~。 はぁ~~。 メタボなアメリカ人は多いですが自分達がメタボだからって、、犬までとは。


最近撮った犬達の写真がシェルターのサイトやFBで使われる事が多くなりました。 またローカルの新聞にも載りました。 

やはり散歩後のリラックスした犬達の表情はスーパーモデル並み! カメラの技術が無くても被写体が良いから自然にいい写真になります。(って自分で言うか、、笑)

犬達の良い写真を撮りたかったらまず散歩へ行け! です。

今日は小型犬のエミーを撮って欲しいとシェルターから頼まれスペンサーの次はエミーと散歩へ。


エミー10歳、、飼い主持ち込みでこの子も減量が必要です。

残念ながら人と繋がっていません。 10歳+小型犬なのでリードの引っ張りありませんがこの子もかつてのアイクと同じで自分の小さな世界に閉じこもってる子。

散歩後なので口は開いちゃってますが全然リラックスしてない~~!!

よし、、その世界観変えようゼ!

その後はアイクを連れて外へ出ようとする前に大雨。 残念。
散歩は2頭のみでした。

そして、、、夕方連絡があってなんと、、アイクがアダプトされました♪
ニューヨーク市からUターンして農場経営をはじめた若いカップルだそうです。
職員とボランティア、皆がリハビリしたアイクを大事にしてほしい。 

幸せになれよ~~ アイク!!!

2 comments:

  1. まずはアイク君のアダプトは本当にうれし~い!
    ママさん、良かったですね。
    いい子ですもの、幸せはすぐ来ましたね。可愛がってもらってね。

    ははは。。。
    確かにワンコたちはメタボ!!!!
    人間もメタボの人が多いですが、何もワンコたちも右、ならえ!じゃないですよね。
    私は早くから獣医さんや訓練士さんから注意されていたので、オーバーウエイトはすっごく
    注意しています。だって、食べ物好きなワンコをダイエットさせるのは大変ですもの。
    それに、運動もさせなければね。

    スペンサーくん、がんばってよ!

    ママさんのお写真とってもカラフルで美しいです。 ポストカードみたい!
    ワンコたちの素敵な表情がみなさんの目にとまってくれたら、うれしいですね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. Sarah mamaさん

      アイクは進展のあった矢先のアダプションでグッドタイミングでした。 もう放浪犬もなくシェルター犬でもなく飼い犬としての新たな犬生が始まりました♪ 特に問題の無い良い子ですから可愛がられる事間違いなし! と信じています。
      ヤッタ~! とまたサラママさんとハイファイブ!!

      メタボ系が最近多く本当に困っています。 メタボは虐待だという事を広めていかなければいけないんだと思います。 確かにちょっと太り気味の犬は微笑ましく可愛いいものですが度を超したメタボは許せません。 

      本当に犬好きな飼い主さんはサラママさんのように健康に注意してオーバーウエイトを常に気付かうもんですから本当にの犬好きでは無いですね。
      重い体を引きずってゼーゼー言いながら散歩に出るここ最近の飼い主持ち込み犬達を見ると可愛そうで減量の為体に負担をかけない程度にこまめに散歩へ出るようにしています。

      やはり人目に付く事がシェルター犬達にとっては一番なのでがんばって写真の技術を磨いてます。

      Delete