Wednesday, July 30, 2014

Root Glen @Hamilton College

今日は散歩が昼過ぎになってしまったので 照り付ける太陽を避ける為またHamilton Collegeの Root Glen トレイルへ。 ゼウスの足腰を鍛える良い機会でもあります。

トレイル入り口は庭園になっています。 帰りに見ると学生が芝生の上で気持ち良さそうに寝そべっていました。 サマーセメスターを取った子かな?



ランチと本でも持ってきてゆっくりしたい所です。

トレイルの中は日陰で涼しい~!

その後、カメラがメモリー切れになってしまい写真がありません。
小さな、多分5キロ程のトレイルですがプチ山ありプチ谷あり、、でゼウスの足腰は大分鍛えられたのでは? と思うのですが。

いつか一緒に山へ行けるかな~?

その後シェルターへ。
今日はちいさなジャックラッセルミックスのMitzyのみが散歩がまだだったのでMitzyとゆったり散歩しました。

Mitzyは人間の声が大分届くようになりました。 今日はゼーハゼーハ気管支の鳴る音は聞こえず一昨日よりは大分落ち着いた散歩になりました♪
なのでちょこっとオビの練習も取り入れると散歩中も人間を気にするようになってきた気がする!

ケンネルの中で網によじ登ってギャン吠えしていたMitzyと全く別犬のよう、、。

この精神状態を保つにはどうしたら良いのでしょうか? ひたすら頭と体を使う散歩で精神を整える、、かな?

ボラの中には小型犬を毛嫌いする人もいますが同じ犬なのに、、、何だかソンしてるな~と。(その人が) だってこんなに可愛い姿を見れないなんてね♪


さて、明日はいよいよファーマーズマーケットへシェルターのブースを出す最終日となりました。
愛弟子?のランディを連れて参加します!

Tuesday, July 29, 2014

今日の散歩

ゼウスは家の周り3マイル。

そしてシェルターのコ達は私が行った時には他のボラさん達のお陰で全部の犬の散歩が終わっていました。 今回が初めて。 大抵1頭や2頭散歩がまだの子が居たりするものですが全員とは!
素晴らしい♪

おかげでオビの強化合宿じゃなくて強化散歩が出来ました。

まずランディから。 他犬とすれ違う時にSitが出来るか~? 1頭目はNG,2頭目はSit出来ました。
あとはStayも5秒くらいなら出来るけどそれ以上は呼んでないのに来てしまう事も発覚。
Come は何時何処でも100点でしたけど。 


やはりもっとディストラクションのある場所で練習しないとダメだな、、。 
もしランディがここに長居するような事になったら 外出許可を取ってストアや街中のディストラクションの多い所へ連れて行って練習しようかと思います。


次はマライア。 マライアは最近は頑固な一面も出て来て自分が動きたく無いと思ったらテコでも動きません。
その場で座ってシャットダウンしてしまいます。
誰も散歩が出来ないから、、とスタッフから頼まれました。

やっぱり少し歩くと 『もう疲れた~歩きたくない!』 ってゼーゼーしながら言ってるので少しだけ時間をあげます。 だってこんな巨体だし、、。

ダイエット中なのでトリートでモチベーションは上げられません。

リードを少しだけ引いてみて マライアが一歩を踏み出した時に思い切り褒めたり、トリートの空の袋をカサカサさせて 『!?』 となった時に私が小走りに走るとちょこちょこついてきたり、、。 あの手この手で20分程散歩しました。

昨日は散歩途中でストライキをおこして動かないので途中にある家でマライアを預かってもらい ケンネルのスタッフをボラが呼びに来たそうです。 
まあ気持ちは分かる! でもこれはTough Loveで勉強している人ならお解りでしょうが 犬の動きたくないっていう欲求です。 それに負けてしまってはいかん、、のでマライアには私の欲求を優先させてもらいました。

その後おちゃらけコーチのオビをやって、、何故か非常に興奮度が高かったので今日はオビと言うよりも興奮を静める事を目標にリードタラ~ンで静かな散歩でバランスを整える事に終始しました。

最後はこのコ。
ジャックラッセルミックス、、2歳の女の子。 私がハンドルするのは初めてのコ。

いつもケンネルで網に飛びつきながら吠えてます。(悲) 
こんな小さな体でさぞ負担になるだろう、、と。 この子もどうしたらバランスを整えられるだろうかと考えました。 散歩もグイグイ引っ張ってゼーゼー気管支が鳴っていて 何よりも体がこわばってるのが分かります。 

最初軽くジョギングをしてから木陰で一緒に休みました。 ダウンさせて少しすると体の力が抜けてきたのが分かったので背中からマッサージ。 しばらくするとゴロンと仰向けになったので足や首筋やアゴ、そしてお顔もマッサージ。 
体中の力が抜けてフニャフニャになってゴロゴロ気持ち良さそうです。
リラックス出来たかな?  いつも体中ガチガチにして吠えてるからね。

でもシェルターへ帰る道のりでまた力が入ってきたな~と分かりました。
このコも今後の課題です。

Monday, July 28, 2014

Dix Range day hike ~ 5 peaks

Dix連峰5山縦走ハイキングへ行ってきました。
Hough 山頂から望んだDix山。

朝1時に起きてコーヒーとパンをかじってから2時に家を出発。 こんなに早く家を出たのは冬期登山以来です。  

最近は山先輩の山荘に泊まって甘やかされていたので久々のキツめのスケジュール。 
ちなみに山先輩はその週はボーイフレンドが滞在するそうで、、。 気にせず泊ったらいいよ! と言ってくれましたがお邪魔虫にはなりたく無いので今回の強行スケジュールとなりました。

最近はHigh Peaksへ行く道にも慣れたものですけど、途中まで行ってから気が付いた!!
こんな深夜に山深い道を運転するのは初めてだったと。 冬期登山へ行ってた時は高速を使っていました。 でも最近は高速を使うよりも下道をクネクネ行った方が時間を40分も短縮できる事が分かったのでもっぱら山深い道を使ってました。

真夜中、、電灯も何もない山道をクネクネ、、、はお化け等が怖いのではなく 変な人間がいたらいやだな~~と。 途中で車を止められカージャックされたり!? 等の映画みたいな想像が頭をよぎります。 途中一時間程人家の全く無い山道を通った時は気分の良いドライブではありませんでした。
明るい時は わっ!! 綺麗~ なんて思いながら運転していたのにね。

5時頃には無事にトレイルヘッドに到着。 グループの出発は6時なのでそれまで車の中でゆっくりしました。

6時前には他のメンバーが到着してトータル4名での縦走が始まりました。 
17Mile、27キロ、登山道からのトータルでの標高差6000ft、1800メートルのハイキングです。

このガレ場が登山道。


下が砂地でまさにガレガレズリズリ~と蟻地獄のように崩れるので下を登っている人に落石させないよう凄く神経を使いました。
前を行く青いシャツは今回のオーガナイザーのドロシー。 


半分程行くとやっと浮石が少なくなりました。


Macomb山頂

そこから次のピーク、South Dixへ。 今回ドロシーとシャツの色もクライミングパンツも そしてなんと帽子の色までかぶっていて(笑) 色の趣味が一緒と見ました! 
紛らわしいけどこちらは私。

左薬指の骨折は別にロッククライミングをする訳でなし、、大丈夫だろうと、、。(汗)
指用キャスト(添え木)を付けていると何処かにひっかけて余計怪我をしそうなので取ってしまいました。 

South Dix はMacombからちょっと岩山登りをした程度でピークへ達しました。

あまりに簡単に到達してしまったのでえっ!これがピーク??って感じでした。

山頂にて。  山頂の印も簡単で木にSouth Dixって彫ってあるだけ! (笑)

休みもせずに次のピーク、East Dixへどんどん進みます。(ってリーダーの方針)

East Dix、又の名をGrace Peak、、はさっきのようにそうそう近くも無く40分以上は登り下りを繰り返しました。

山頂にて。 ひゃ~~汗ダラダラでお化けみたいっす。(笑)

山頂からの風景

山頂ではオーストラリアンシェパードがトリートをねだってました。(笑)

最初は何犬か分からずに飼い主さんに聞いてみるとオーストラリアンシェパードで暑そうだったからこの間丸刈りにしたそう。
山頂でみんなに愛想を振りまいて食べ物をねだっていました。 こんなコと登山したら癒されますね!

ここからいよいよ今回の山場(ってダジャレじゃないよ) である偽ピークのBechhornをへてDixへ向かいます。

Dix がいよいよ近付いてきました。

とんがったピークがDix山頂。
車を止めた近くのElk Lakeが綺麗に見えました。

Elk Lake湖畔に一軒だけあるホテル泊まってカヤックも良いな~と思いました。
 
Dixがますます近くなりあともう一息。

山頂直下で最後のコブの所。 グループの先頭を歩くポールの背中が見えます。

私は写真を撮りながらのんびり歩いていたのでかなり遅れていました。 コブ一つ分後ろから望遠を目いっぱいにして撮っています。

やっと山頂に到達。





みんなバテバテで一休み。

1時に最後の5ピークDix山頂に到着しました。

下山前に最後の写真。

ドロシーが写ってるこの写真が今回一番のお気に入りです♪
下山は怪我する確率が一番高くなるので慎重に慎重に、、。
ゼウスが待ってるしネ!!

トレイルヘッド到着が4時半。 計10時間のハイキングでした。

その後今回は急ぎのメンバーがいるので恒例のディナーは無し。 
私も直ぐに高速に乗り途中でコーヒーを買って目を覚まし無事8時半には帰宅しました。

疲れたけれどもハッピーで充実したハイキングでした。

Friday, July 25, 2014

今日の散歩+明日の山行

明日の朝早朝2時に家を出て山へ行ってきます。 クラブのイメージ写真だとこんな所で凄く楽しみです。

山行の前にシェルターで散歩。

今日の散歩まだの子リストは、、やっぱりコーチだった。(悲)

ボク、ラブミックスだもんね~~のお気楽ヒャラヒャラ状態のコーチ。 一緒にジョギングして興奮を発散させた後でまた木陰でオビの練習。

おや、大きな目やにが、、。気が付かずに取ってあげられなくてごめんね。 いや、ハエか!?

ヒャラヒャラコーチ、、。 トリート無しでSitは出来るようになりました。 でもトリート無しのDown は難しい。
こっちが真剣になると舌出してアッカンべーー!! ってコーチは絶対にやってると思うので(笑)、、、煮詰まる前に仕切り直したり場所を移したり、、ちょっと遊んだり。 手を変え品を変え。

やっとこさのDown.

やれば出来るじゃん!! 人から”させられる”事を覚えてもらわんとね、コーチ

何言ってんのこの人? ウヒャヒャヒャヒャ~ byコーチ って言ってますぜ。 きっと。

シェルターへの帰りはリードもタラ~ン。 うれし~~! 怪我した左手に優しいし。

次はマライア。

相変わらず大きいです。 減量中。
この間の記事の足の腫瘍ですが 複数の獣医から見積もりを取ってもらってから金額次第ではメディカルファンドの募金を募る事になりました。
放っておかれ次の飼い主まかせにはならずに本当に良かった!!


7歳、まだまだイケてるよ!! 穏やかな子です。 それとも太っているので動作が遅いだけなのか? まだ見極めがつきませんけど。

そして最後に、、、ランディ。
ランディは別のボラの方が既に散歩してくださってましたが。 2件問い合わせが来ていると聞きました。(キターー!!) もしかして山から帰ってきたらもう居ないかも、、、と最後の散歩とオビの練習へ。

完全トリート無しで基本コマンドバッチリです。 近くに獣医があってそこの駐車場の別の犬が見える場所でのSit & Downも完璧でした。
最後に一緒に遊びました。 この笑顔が見れなくなると思うと寂しいな~ でも幸せ掴んでとっととここから出て行って!!

笑顔の素敵なランディ坊主。 ボブと一緒で何故か忘れられない犬になりそうです。


そしてケンネルにはなんとホワイトシェパードが入ってました。 今日去勢したばかりなので散歩はNG。 6ヶ月のパピーの男の子。

うわ~~散歩したい、性格を確かめたい!! 
でもきっとこの子も山から帰って来た時にはもう居ないんだろうな、、そうであって欲しい。

帰宅して家の事をして夕食の準備をしたらもう寝ようっと。 明日の為に。

ゼウスとは朝散歩へ行ったけど、、。 何だか物足りなさそうな?
また散歩へ行く? え~~でも母さん疲れたよ~~。

山行きの為ブログは日曜夜か月曜に更新しま~す♪
どうか暑さに負けず 良い週末をお過ごしくださいね~!!

Thursday, July 24, 2014

ファーマーズマーケット

今週もファーマーズマーケットへシェルターのブースを出しました。

またもやカメラを忘れてしまい、、(悲)。 シェルターのフェイスブックから写真をひっぱってきました。
ゼウスと朝イチで3マイル散歩した後にシェルターへ。
私がハンドルした犬は先週にひき続きディーディー。 どの犬を連れて行くか、、はたまに私も意見しますけれども その日の朝犬をピックアップしにシェルターへ行くともう決まっている事がほとんど。 ラビーやその他予防接種等の書類も持参しなければなりませんし。 

でもディーディーはこのイベントにもう3回も出ているので次回は他の犬にもチャンスを!!と今回は意見しました。 

11時から3時までファーマーズマーケットのブースで色々な人々と触れ合いました。
ピットミックスのディーディーの性格は先週の記事で書いた通りですが 今週は杖をついた老人に吠えかからない練習。 見事に吠えたいのをガマンできるようになりました♪

その後、シェルターにディーディーを送り届けてから 今日の散歩がまだの犬をチェックすると、、、コーチのみ。

あれれれ、コーチってそんなにボラに人気が無かったっけ? と不思議。
でもよく考えればコーチをケンネルから出す時は興奮が酷く暴れ馬状態。
それは仕方のない事なのでちょっとジョギングをしたり 一緒にはっちゃけて遊んだりで興奮の発散をした後での散歩ならリードもタラ~ンで歩けるんですよ。
最初の数分間とは言え大型犬が暴れ馬状態だとハンドルする人間も限られてしまうのでしょうね。

う~んどうしたらコーチの良さを分かってもらえるかな?

基本コマンドの復習をした所、、コーチはおやつが無いとやらん!ヤツだって分かった。(笑)
オヤツ無しで楽しく、閉店ガラガラセールにならないようコマンドを教える研究中。

Tuesday, July 22, 2014

30℃

今日は日中の気温が30℃前後の予報でしたのでゼウスの散歩は早朝になりました。
それでも太陽が照り付け20℃近くもあります。 普段の散歩コースへ途中まで行ってあまりに木陰が無いものだから引き返し木陰の多い別の散歩道へ。 

その道は途中が工事中で工事用車両や工事のおっちゃん達が狭い道を行き来しています。
そのうちの一人のおっちゃんと挨拶して通り抜けようとしたらゼウスの対人アグレッションが久々に出ました。

私が気が付くのが遅くガウガウ一瞬で沸点に達しましたが コレクション後はまた一瞬で普通に戻りました。 見ていてつくづく、アグレッションと言うか興奮って発作と同じだなぁと。

『ガウガウガウ!!!』
コレクション
ちーーーん、、、。

このプロセスが3秒くらい。
その後さらに時間をかけて興奮が落ちたのを確認します。

私も最近ゼウスにベタベタしていたので(多分山籠もりした引け目から、、) ゼウスに所有されてしまったかな? と反省中。

午後には30℃を超えシェルターの犬達を散歩へ連れ出すのは暑すぎる気もしましたが それだったら涼しい木陰で基本コマンドを教えようと一応シェルターへ行ってみました。

この間始めたログのお陰で散歩がまだの犬が一目で分かります♪
散歩がまだの犬はシェパミックスのランディ2歳、ラブミックスのコーチ、同じく2歳の2頭のみでした。 他のボラの方が沢山の犬達を散歩してくださいました!

2頭のみで時間もたっぷりあったのでランディにもこの間始めた基本コマンドをたっぷり時間をかけて教える事が出来ます♪

暑そうなランディ

さすがのはっちゃけ坊主も木陰までの少しの距離を歩くと暑くてダレダレ。
木陰で一休みして一緒に遊んだ後でレッスン開始。

Sit, Stay, Come, Down の基本コマンドを今日はおやつ無しで出来る事が目標です。 

ランディはやっぱり出来る子! 直ぐに形になりました。 今後はハードルを上げてもっと誘惑の多い場所で出来るようになるのが次回の目標です。 特にComeとStayのライフセイバーコマンドは徹底したいものです。
 
良い家に貰われてランディが可愛がられて欲しい、、そんな願いから基本コマンドを教えています。


コーチを散歩するのは今回はじめて。 大抵は他のボラに散歩された記録が残っているので その日の散歩がまだの犬を散歩する私にはなかなかお鉢が回ってきませんでした。

一昨日アダプトされたはっちゃけケーリー嬢と少し似てますがもっと大きい。 胴長なのはゼウス似です。 
コーチも木陰に入るとダレダレ、、。 少し一緒に過ごしてテンパメント等を観察。
ミディアムエナジー でプレイドライブはそれ程でも無さそうな、、。 ケンネルから出したばかりの時は興奮していて両手使いでパンチと言うか突き飛ばされそうになったけど、、、。(笑) それはあるあるだからね。

ゼウスよりもほんの少し小さいくらいの大型犬サイズのコーチ。

今日はお初、、なのでトリートを使って基本コマンドを教えます。 ちょっとドンくさかったけれど形にはなりました♪ 

よくよく見るとイケメン君。

黒い毛皮がフサフサの可愛い大きな男の子です。
見た目も華やかなコなのできっと里親さんもすぐ見つかる事でしょう、、と願います。
コーチも可愛がってもらえるように今後も継続して基本コマンドを教えていこうと思っています。