Tuesday, February 10, 2015

ドイツで出会った犬

去年の秋にジェイミーと母と一緒に南ドイツへ行った時に出会った犬。

駅で犬を連れた老夫婦と出会いました。
フレンドリーなジェスチャーで犬が近寄ってきたのでカメラを向けると飼い主のおじさんが話しかけてきました。

去年ルーマニアからレスキューされた子だそうです。  ルーマニアで野犬が増えてしまい国境を越えてドイツでレスキューされる、、レスキュー同士、人間同士のつながりが無いと出来ない事で素晴らしい。

最初は怖がって人間に近寄って来なかったけれども今ではかけがえの無い家族の一員なんだ~、ルーマニアにはまだまだ同じような境遇の子達が沢山いるので心を痛めている、、と普段英語を話さないであろうおじさんが単語を探しながら一生懸命に説明してくれました。

こんな所でレスキュー犬に逢えるなんて! しかもシェパミックスかな?

昔は何であれ今は幸せいっぱいでこちらも嬉しくなりました♪

Sunday, February 8, 2015

クライミング + シェルターボラ

この間更新してからとんでもなく間が空いてしまいました。

元気です。 シェルターの犬達も増えてでも次から次へと里親さんも決まっていきます。

印象に残った子達。(って事はちょっと問題ありだった子達です)

ローレンス、ラブミックス2歳

最初は男性を見て唸ってたんですが、、一緒にたくさん社会化しました。 ストアにも行って店員さんやお客さん達に触られても大丈夫。 ジェイミーにも協力してもらいました。


ケイシー、2歳。 ケイシーは特に問題のない良い子でしたがシェパミックスだったので印象に残ったかな。  シェパにしては老若男女、また犬にもフレンドリーな申し分の無い子でした。


そんな良い子は直ぐに里親さんが決まりました。  里親さんの車に乗り込んでシェルターを去る時の写真。 最後にとびきりの笑顔の写真が撮れて本当に良かった!


クライミングはアイスクライミング続行中。 色々な場所で修行してきました。

2回目のクライミングは近場のLittle Fallsにて。 豆粒のような私。

ただトップロープで登るだけではなくロープの扱い、手順そして最も重要なビレイ(ロープを使った相手の確保)等の復習にもなりました。

3回目もLittle Fallsへ。 これがビレイ中の写真です。 こんな大柄な男性でもテコの原理とロープ技術で私ひとりでも安全にビレイができます。

ビレイ中、何故か楽しそうな私。(笑)

クライミング中

その後は車で10分程移動しちょっとした渓谷を使ってロープで確保したりされたりしながら登る普通のMountaineeringの練習。


4回目のクライミングは今までのコース中一番長い115フィートの滝に挑戦。


登っていると中からゴーゴー水の流れる音が聞えるのには少しビビりました。
真ん中に張り付いてる虫のような私。

やはり長いコースは面白いしチャレンジャーな私向き。一回だけテンション(ロープが無ければ落ちている状態)をかけ、何とか登り切りました。

そして5回目、昨日のクライミング。 クラークスポーツセンターのインストラクターのジムからは過去にロッククライミング、ロープの支点確保を習いましたが今回は実際にロープを自分でセットさせてもらいました。

距離的に短いクライミングでしたが、リードクライマーのビレイもさせてもらい、またトップロープ状態での他人のビレイも出来る限りさせてもらいました。 自分が登る事よりもロープ技術を学ぶ為のクライミングでしたが大満足の一日でした☆