Tuesday, July 7, 2015

日本帰国前のクライミング

今週木曜日にシラキュースを発って日本へ3週間程一時帰国します♪ 
唯一の悩みは3週間クライミングが出来ない! (笑) こればかりは仕方ないのでクライミング友に昨日は一日クライミングへ付き合ってもらいました。 本人曰く 『クソ忙しい平日なのに、、』とボヤきつつも付き合ってくれる友人には心から感謝です。

最初はウォームアップで初見で5.5ルートをリード。



上の方で孤軍奮闘してますね。 これがウォームアップにはならなかったんだな~。(笑)

プロテクションを全て自分で取りながら登るトラッドクライミングでは墜落時のギアすっぱ抜けの恐怖が付いてまわり、5.5と言えども初見ルートでは思い切ったムーブが出来ない。 その為にギアのプレイスメントは細心の注意を払っていてもやはり心理的な恐怖が抜けきれないんですな~。 特に一度も登った事の無いルートでは。 
この心理的な壁が今後の課題となりました。

セカンドピッチは友達がリード。 やっぱセカンドとして登るのは気楽でいいなぁ。 写真に現れてますね。


ファーストピッチで悪戦苦闘したチムニー、、結局4ピッチ登った後で懸垂下降してファーストピッチ上にアンカーを設置して今度はトップロープでもう一度登りかえしてみたら、、、スイスイと登れて何の問題も無かった。(涙) やっぱり心理的な問題でした。

時間も4時を回ってしまったので下山途中にある短いワンピッチのルートでリードの練習。

ガイドブックでは5.3、でも実際は5.5+ と言われているクラックルート。 いつも濡れているのと途中にあるトラバースが難しいそうですが問題無くリード出来ました。

自分のリードしたロープライン


そして最後にもうひとつ、5.7のルート。 このルートは4分の3はクラックの無いルートなので最初の3つだけボルトが打ってあります。  このルートは以前登っているし 最初の3つのプロテクションはボルトで気軽なので (その後はカムで2つプロテクションを取りましたが) リードも難無くクリアしました。

帰国前に思い切りクライミングを楽しんできました♪

Saturday, July 4, 2015

久々の更新

クライミング三昧を送っているうちに更新が遅くなってしまいました。

冬期シーズン最後のアイスクライミング。 4月中旬、Multiplication Gully - 真ん中の一筋の氷のラインをマルチピッチで登りました。 

2ピッチ目。ブルーが私です。

2ピッチ目のCrux-核心と言うかルート上のハイライト的な個所。 仲間が良い写真を撮ってくれました。

その日2本目のルート Choinard's Gullyにて。

氷が半分解けていてミックスクライミングの様相に。

この日のクライミングはシーズン最後に相応しくマルチピッチで今まで学んできた技術の総まとめ的なクライミンングで十分に楽しみましたが 今シーズン中で一番楽しかったのは、、、

初めてのリード。

マルチピッチ、もしくは1ピッチでもリードとセカンドという役割分担があります。 リードはプロテクションやビレイステーションを設置しながらの登りで技術・体力が要求されます。
その日は初めて短いルートながらリードを取らせてもらいました。 写真はプロテクションのアイススクリューを氷にねじ込んでいる所。 


これは2ピッチ目。 ここではセカンド(上からロープでビレイされている状態)なので気楽に楽しんじゃってます。


そしてアイスシーズンが終わりロッククライミングへ。
ロッククライミングは自宅から車で45分の近場にトップロープで練習できる岩場があるので週1回くらいの割合で友達とジム感覚で練習しています。

自宅近くの岩場にて。 壁に張り付いてます。ハエか?(笑)

この岩場近辺には良いインストラクターもいるのでレスキュークラスを取りました。
自分がセカンドとして登っていてスタックした時の対処法、もしくはその逆にリードとして登っていてセカンドが登れなくなった時にロープでレスキューする方法等の講習を受けました。


5月の中旬に初めてリードを取りました。もちろん易しくプロテクションを取りながら確実に登る事の出来る5.4のグレードです。

初めてリード中の写真。私はリードとしてビレイステーションからセカンドとして登ってくる大先輩のジャスティンをビレイ中。 セカンドはリードが設置したギアを回収しながら登ってきます。 ギアの設置も合格点をもらいました。 


それ以降はリード出来るグレードを徐々に伸ばしていき、2週間前にはリードとして初めてのグレード5.7に挑戦。

パートナーのポールと二人だけだったのであまり写真がありませんが上からラペル(懸垂下降)で降りて来る私。 このクラックのラインを登りました。

右側に見えるクラック(岩の割れ目)がルート上の半分で終わりフェイス(割れ目が無くプロテクションが取れない所)への切り替えで足が少し震えましたがリードとして完登。 

こちらは1週間前に5.7のルートでリードを取った時。
このルートはクラックの無いフェイスルートなのでボルトが設置してあります。ギアはクイックドローを数本持って登るだけで楽でした。



リードとしてプロテクションを取る為のギアも徐々に増えてきました。

近況をざっくりとつづってみました。って言ってもクライミングしかしてないような、、。

ゼウスは元気にしてます。 クライミングをしていない時はゼウスと散歩の日々♪